主任教授

ホーム > 主任教授

井上 茂(医師 医学博士)

挨拶

教授写真東京医科大学公衆衛生学分野ホームページへのご来訪ありがとうございます。

公衆衛生学は、社会と健康との関連を集団の視点から探求し、人々の健康を守る学問です。超高齢化社会を迎え、社会の価値観が多様化する中で、公衆衛生の果たすべき役割はますます大きくなってきています。私たちは、このような社会の問題解決に役立つ研究を行い、公衆衛生分野の人材育成に貢献したいと願っています。

当分野における研究活動は、生活習慣病対策、特に「身体活動・運動」と「職域におけるメンタルヘルス対策」を主なテーマとしています。具体的な内容は、「主な研究」のページをご覧ください。ここでは私たち研究活動の特徴として、社会に資する研究、国際的な活動、学際的な研究、の3点についてご説明させていただきたいと思います。
はじめに、社会に資する研究についてです。私たちはこれまで、研究成果をもとに、様々な政策提言を行ってまいりました。具体的には健康日本21、エクササイズガイド、職業性ストレス簡易調査票、労働者の疲労蓄積チェックリストなどへの関与があげられます。研究成果を社会に還元できることはとても重要であり、研究者として大変喜ばしいことです。しかし、それだけに留まらず、このような社会貢献は次の研究への強力なモチベーションともなります。社会貢献で得られた声、行政や住民のニーズに耳を傾けることによって、新しい研究テーマを発見し、次の研究を展開するように努めています。
第二に、私たちは、国際的な研究者のネットワークを継続的に強化してきました。身体活動・運動、職業性ストレスの分野の主要な研究者とは密な連携をとっており、共同研究、論文作成を進めています。これまでの成果として、WHO、米国CDCと連携したIPAQ(国際標準化身体活動質問紙)の開発、その他の各種評価ツールの開発、職業性ストレスに関する東京宣言、身体活動トロント憲章日本語版、医学誌The Lancetにおける身体活動特集号の発表、などがあげられます。世界中でどんなことが議論となり、研究が行われているのかをサーチしながら、今、日本で何を行うべきなのか、どんな研究が国際的にインパクトを持つのかを考えています。
第三に、学際的な研究です。公衆衛生学という学問の特徴を反映して、私たちは多様な領域の研究者と協力しながら研究を進めています。異なる分野の方々との連携は、とても刺激的なことです。分野としては、医学、看護、運動、栄養、心理、介護、薬学などの保健医療分野に加えて、地理学、都市交通学、法学、社会学などの領域とも連携を行っています。異なる分野で学びを深めることは容易ではないと思いますが、英知が融合して、思ってもみなかった新しい成果が生まれる瞬間は、まさに心躍る瞬間と表現できるでしょう。

私は臨床医として5年間勤務した後に、公衆衛生の道に進みました。臨床医や産業医として働いている方々と私達ではアプローチの方法が異なりますが、病気を治したい、予防したいという思いは同じです。現場で疑問に思われること、それを解決したいと思う気持ちが研究活動には重要だと考えています。また、医師以外の様々な分野の専門家とも一緒に学び、研究したいとも考えています。私どもと、一緒に研究したい、学びたいと思う方はご一報ください。多くの方々との出会いを楽しみにしています。

(平成24年4月)

略歴

  • 1991年 東北大学医学部卒業
  • 1991年 財団法人竹田綜合病院 内科
  • 1993年 仙台市医療センター仙台オープン病院 消化器内科
  • 1996年 東京医科大学大学院医学研究科博士課程
          衛生学公衆衛生学専攻 入学
  • 2000年 同上   単位取得
  • 2000年 東京医科大学研究員(衛生学公衆衛生学講座)
  • 2000年〜2002年(財)東京都健康推進財団東京都健康づくり推進センター
          医学指導主査として出向
  • 2002年 東京医科大学衛生学公衆衛生学講座 助手
          (2006年公衆衛生学講座(講座名変更))
  • 2007年 東京医科大学公衆衛生学講座 助教(法改正による)
  • 2010年 東京医科大学公衆衛生学講座 講師
  • 2011年 東京医科大学公衆衛生学講座 准教授
  • 2012年 東京医科大学公衆衛生学講座 主任教授
  • 2014年 東京医科大学公衆衛生学分野 主任教授(講座名称変更)
学会その他活動
International Society for Physical Activity and Health, Editorial Board Member
International Society of Behavioral Nutrition and Physical Activity, Editorial Board Member
Agita Mundo, the Global Physical Activity Promotion Network, Executive Board Member
日本行動医学会副理事長
日本公衆衛生学会評議員・研究倫理審査委員
日本疫学会理事・評議員
日本体力医学会監事・評議員
日本循環器予防学会評議員・編集委員
日本ストレス学会評議員
日本運動疫学会理事長・副編集委員長
日本モビリティ・マネジメント会議実行委員
他の所属学会
日本衛生学会、American College of Sports Medicine
著書
分担執筆:内視鏡下超音波断層法、医学図書出版、1997
分担執筆:消化器診療プラクティス(15) 胃癌・食道癌の内視鏡治療、文光堂、1998
分担執筆:エキスパートから学ぶ健康教育・栄養相談・生活習慣改善指導、ライフサイエンスセンター、2003
分担執筆:運動普及のための教育テキスト、新企画出版社、2003
分担執筆:生活習慣病対策および健康維持・増進のための運動療法と運動処方、文光堂、2005
分担翻訳:行動科学を活かした身体活動・運動支援−活動的なライフスタイルへの動機付け、大修館書店、2006
分担執筆:病気予防百科、日本医療企画、2007
共著:運動指導7つのコツ わかる!使える!行動療法活用術、丹水社、2008
共著:運動習慣ダイアリー、丹水社、2008
単著:運動NAVI、法研、2009
分担翻訳:ストレス百科事典、丸善、2009
分担執筆:別冊・医学のあゆみ 生活習慣病リスクと睡眠−睡眠医療のはたす役割、医歯薬出版株式会社、2011
分担翻訳:ストレス百科事典 精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響、丸善、2013
分担執筆:社会と健康 健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ、東京大学出版会、2015
分担執筆:行動医学テキスト、中外医学社、2015
分担執筆:健康長寿社会を創る 解説 健康日本21(第二次)、健康・体力づくり事業財団、2015
分担執筆:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版、日本動脈硬化学会、2017
分担執筆:産業保健スタッフ必携 職場における身体活動・運動指導の進め方、大修館書店、2018