主な研究

ホーム > 主な研究(論文・著書)

論文・著書

*は他施設の方
【abstract】はPubMedにリンクされています。
2017年
英語論文・著作
Dogra, S.*, Ashe M.C.*, Biddle, S.J.H.*, Brown W.J.*, Buman, M.P.*, Chastin, S.*, Gardiner, P.A*, Inoue, S., Jefferis, B.J.*, Oka, K.*, Owen, N.*, Sardinha, L.B.*, Skelton D.A.*, Sugiyama, T.*, Copeland, J.L.*. Sedentary time in older men and women: An international consensus statement and research priorities. Br J Sports Med (in press), 2017 【abstract】
Copeland, J.L.*, Ashe, M.C.*, Biddle, S.J.H.*, Brown, W.J.*, Buman, M.P.*, Chastin, S.*, Gardiner, P.A.*, Inoue, S., Jefferis, B.J.*, Oka, K.*, Owen, N.*, Sardinha, L.B.*, Skelton, D.A.*, Sugiyama, T.*, Dogra, S.*. Sedentary time in older adults: a critical review of measurement, associations with health, and interventions. Br J Sports Med (in press), 2017 【abstract】
Ishii, K.*, Shibata, A.*, Kurita, S.*, Yano, S.*, Inoue, S., Sugiyama, T.*, Owen, N.*, Oka, K.* . Validity and reliability of Japanese-language self-reported measures for assessing adults domain-specific sedentary time. J Epidemiol (in press), 2017
Watanabe, K.*, Kawakami, N.*, Imamura, K.*, Inoue, A.*, Shimazu, A.*, Yoshikawa, T.*, Hiro, H.*, Asai, Y.*, Odagiri, Y., Yoshikawa, E.*, Tsutsumi, A.*. Pokemon GO and psychological distress, physical complaints, and work performance among adult workers: a retrospective cohort study. Sci Rep 7(1): 10758, 2017 【abstract】
Eguchi, H.*, Tsutsumi, A.*, Inoue, A.*, Odagiri, Y. Psychometric assessment of a scale to measure bonding workplace social capital. PLoS One 12(6): e0179461, 2017 【abstract】
Kitayuguchi, J.*, Kamada, M.*, Inoue, S., Kamioka, H.*, Abe, T.*, Okada, S.*, Mutoh, Y.*. Association of low back and knee pain with falls in Japanese community-dwelling older adults: A 3-year prospective cohort study. Geriatr Gerontol Int 17(6): 875-884, 2017 【abstract】
Tanaka, C.*, Tanaka M.*, Okuda, M.*, Inoue, S., Aoyama, T.*, Tanaka, S.*. Association between objectively evaluated physical activity and sedentary behavior and screen time in primary school children. BMC Res Notes 10(1):175, 2017 【abstract】
Amagasa, S., Fukushima, N., Kikuchi, H., Takamiya, T., Oka, K.*, Inoue, S. Light and sporadic physical activity overlooked by current guidelines makes older women more active than older men. Int J Behav Nutr Phys Act 14(1): 59, 2017 【abstract】
Amagasa, S., Fukushima, N., Kikuchi, H., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Oka, K.*, Kitabatake, Y.*, Inoue, S. Sociodemographic, biological, psychological, and behavioral correlates of cycling in community-dwelling Japanese older adults: a cross-sectional study. J Phys Fitness Sports Med 6(3): 175-182, 2017
Amagasa, S., Fukushima, N., Kikuchi, H., Oka, K.*,Takamiya, T., Odagiri, Y., Inoue, S. Types of social participation and psychological distress in Japanese older adults: A five-year cohort study. PLOS ONE 12(4): e0175392, 2017 【abstract】
Hashimoto, H.*, Kurata, A., Kikuchi, H., Masuda, Y.*, Fujita, K., Okuyama, R.*, Inoue, S., Horiuchi, H.*, Kuroda, M. L-type amino acid transporter 1 expression in esophageal carcinogenesis according to WHO and Japanese classifications of intraepithelial neoplasia. Pathol Int 67(5): 247-255, 2017 【abstract】
Kikuchi, H., Inoue, S., Fukushima, N., Takamiya, T., Odagiri, Y., Ohya, Y., Amagasa, S., Oka, K.*, Owen, N.*, Social participation among older adults not engaged in full- or part-time work is associated with more physical activity and less sedentary time. Geriatr Gerontol Int (in press), 2017 【abstract】
Komada, Y., Narisawa, H., Ueda F.*, Saito, H.*, Sakaguchi, H.*, Mitarai, M.*, Suzuki, R.*, Tamura, N., Inoue, S., Inoue, Y. Relationship between self-reported dietary nutrient intake and self-reported sleep duration among Japanese adults. Nutrients 9(2): 134, 2017 【abstract】
Watanabe, K.*, Kawakami, N.*, Adachi, H.*, Inoue, S., Meyer, M.R.*. Internal consistency, convergent validity, and structural validity of the Japanese version of the Physical Activity Self-Regulation scale (PASR-12) among Japanese workers: A validation study. J Occup Health 59(1): 24-32, 2017 【abstract】
Hayashi, T., Odagiri, Y., Takamiya, T., Ohya, Y., Inoue, S. Organizational justice and insomnia: a prospective cohort study examining insomnia onset and persistence. Int Arch Occup Environ Health 90(1): 133-140, 2017 【abstract】
Ukawa, S.*, Shirakawa, T.*, Kikuchi, H., Ikehara, S.*, Inoue, S., Iso, H.*, Tamakoshi, A.*. Chapter 3: A literature review of the associations between sedentary behavior and health-related outcomes in Japan. Advances in Medicine and Biology (Volume 112). Berhardt, LV. (ed.) . Nova Science Publishers, Inc. 93-107, 2017
日本語論文・著作
青山友子*,田中茂穂*,田中真紀*,奥田昌之*,井上 茂,田中千晶*. 出生時体重および乳幼児期の運動発達と児童期の身体活動量との関係, 発育発達研究 74: 9-18, 2017
金森 悟, 高宮朋子, 井上 茂. 成人・高齢者のグループ運動:グループ運動参加の規定要因および健康アウトカムとの関連‐The Journal of Physical Fitness and Sports Medicineに掲載された英語論文の日本語による二次出版. 運動疫学研究 19(1): 54-61, 2017
井上 茂. 健康になる地域・不健康になる地域-身体活動・運動習慣の視点から(データに基づく健康なまちづくり-平成28年度日本医師会生涯教育講座(新潟会場)講演要旨). 新潟県医師会報 804: 7-9, 2017
菊賀信雅, 松下宗洋*, 澤田 亨*, 丸藤祐子*, 松岡宏高*, 小田切優子, 井上 茂. フィットネスクラブ利用経験と余暇活動に求めるベネフィットに対する意識の関連:日本人成人を対象にした横断研究. スポーツ産業学研究 27(1): 1-11, 2017
2016年
英語論文・著作
Kanamori, S., Takamiya, T., Inoue, S., Kai, Y.*, Kawachi, I.*, Kondo, K.*. Exercising alone versus with others and associations with subjective health status in older Japanese: The JAGES Cohort Study. Sci Rep 6: 39151, 2016 【abstract】
Tamura N, Sasai-Sakuma T, Morita Y, Okawa M, Inoue S, Inoue Y. A Nationwide Cross-Sectional Survey of Sleep-Related Problems in Japanese Visually Impaired Patients: Prevalence and Association with Health-Related Quality of Life. J Clin Sleep Med 12(12): 1659-1667, 2016 【abstract】
Fukushima, N., Inoue, S., Hikihara, Y.*, Kikuchi, H, Sato, H., Tudor-Locke, C.*, Tanaka, S.*. Pedometer-determined physical activity among youth in the Tokyo Metropolitan area: a cross-sectional study. BMC Public Health 16(1): 1104, 2016 【abstract】
Liao, Y.*, Sugiyama, T.*, Shibata, A.*, Ishii, K.*, Inoue, S., Koohsari, M.J.*, Owen, N.*, Oka, K.*. Associations of perceived and objectively measured neighborhood environmental attributes with leisure-time sitting for transport. J Phys Act Health 13(12): 1372-1377, 2016 【abstract】
Tanaka, C.*, Tanaka, S.*, Inoue, S. Miyachi, M.*, Suzuki, K.*, Reilly, J.J.* . Results From Japan’s 2016 Report Card on Physical Activity for Children and Youth. J Phys Act Health 13(11 Suppl 2): S189 -S194, 2016 【abstract】
Nirengi, S.*, Amagasa, S., Homma, T.*, Yoneshiro, T.*, Matsumiya, S.*, Kurosawa, Y., Sakane, N.*, Ebi, K.*, Saito, M.*, Hamaoka, T. Daily ingestion of catechin?rich beverage increases brown adipose tissue density and decreases extramyocellular lipids in healthy young women. SpringerPlus 5(1): 1363, 2016 【abstract】
Sallis, J.F.*, Bull, F.*, Guthold, R.*, Heath, G.W.*, Inoue, S., Kelly, P.*, Oyeyemi, A.L.*, Perez, L.G.*, Richards, J.*, Hallal, P.C.*, for the Lancet Physical Activity Series 2 Executive Committee. Progress in physical activity over the Olympic quadrennium. Lancet 388(10051): 1325-1336, 2016 【abstract】
Komada, Y., Breugelmans, R., Drake, C.L.*, Nakajima, S., Tamura, N., Tanaka, H.*, Inoue, S., Inoue, Y. Social jetlag affects subjective daytime sleepiness in school-aged children and adolescents: A study using the Japanese version of the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J). Chronobiol Int 33(10): 1311-1319, 2016 【abstract】
Inoue, S. The meaning of behavioral medicine in the public health field-a review of documents related to medical education in Japan. BioPsychoSocial Medicine 10:5, 2016 【abstract】
日本語論文・著作
井上 茂. 運動指導におけるアセスメントの重要性と運動疫学データの日常診療への応用(特集:患者の行動変容支援に役立つエビデンス). 月刊地域医学 30(12): 19-23, 2016
山北満哉*, 金森 悟, 近藤尚己*, 近藤克則*. 日本人高齢者における定期的なスポーツグループへの参加に関連する要因-JAGES横断研究: PLoS One に掲載された英語論文の二次出版. 運動疫学研究 18(2): 122-136, 2016
齋藤義信*,小熊祐子*,田中あゆみ*,鎌田真光*,井上 茂,稲次潤子*,小堀悦孝*. 身体活動量増加のためのコミュニティ・ワイド・キャンペーン:クラスター・非ランダム化試験(「ふじさわプラス・テン」プロジェクト)−研究プロトコル−. 運動疫学研究 18(2): 88-98, 2016
井原正裕, 高宮朋子, 大谷由美子, 小田切優子, 福島教照, 林 俊夫, 菊池宏幸, 佐藤弘樹, 下光輝一, 井上 茂. 都市規模による歩数の違い:国民健康・栄養調査2006-2010年のデータを用いた横断研究. 日本公衆衛生雑誌 63(9): 549-559, 2016
堤 明純*, 小田切優子. 仕事のストレスのリスクアセスメントツールの開発(特集:事業場のメンタルヘルス対策を促進させるリスクアセスメント手法の開発). 産業精神保健 24(3): 198-203, 2016
井上 茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 鎌田真光*, 岡田真平, Tudor-Locke Catrine*, 下光輝一. 郵送調査を用いた加速度計調査協力者の特徴:Journal of Epidemiology に掲載された英語論文の日本語による二次出版. 運動疫学研究 18(1): 47-55, 2016
北湯口純*, 鎌田真光*, 井上 茂, 上岡洋晴*, 安部孝文*, 岡田真平*, 武藤芳照*. 地域在住高齢者の身体活動および座位行動と転倒発生との関連: 1年間の前向きコホート研究. 運動疫学研究 18(1): 1-14, 2016
井上 茂. 動脈硬化の予防と身体活動・運動の効果(日医生涯教育協力講座カラー図説:臨床医のための食事療法のポイント(46)脂質の質を考慮した血管管理-健康寿命延伸のために). 日医雑誌 144(11): 295-296, 2016
井上 茂. 公衆衛生学の立場からみた行動医学コアカリキュラム(特集:行動医学のコアカリキュラム). 心身医 56(1): 29-33, 2016
小田切優子. 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 5-1 うつ病. 身体活動・座位行動の科学−疫学・分子生物学から探る健康−. 編:熊谷秋三*, 田中茂穂*, 藤井宣晴*. (株)杏林書院. 114-120, 2016
小田切優子, 下光輝一. 16 ストレスチェック. 産業医ガイド 基本管理業務からメンタルヘルスまで 第2版. 編:日本産業衛生学会関東産業医部会. 日本医事新報社. 367-371, 2016
2015年
英語論文・著作
Hashimoto, H., Kurata, A., Nashiro, T.*, Inoue, S., Ushijima, T.*, Fujita, K., Kimura, T.*, Kawai, K.*, Horiuchi, H.*, Kuroda M. Smooth muscle immaturity in the carotid arterial neointima as a prognostic marker for systemic atherogenic cardiovascular events in the Asian male. Int J Clin Exp Pathol 8(11): 14630-14639, 2015【abstract】
Kikuchi, H., Inoue, S., Odagiri, Y., Inoue, M.*, Sawada, N.*, Tsugane, S.*, for the JPHC study group. Occupational sitting time and risk of all-cause mortality among Japanese workers. Scand J Work Environ Health 41(6): 519-528, 2015 【abstract】
Yamakita, M.*, Kanamori, S., Kondo, N.*, Kondo, K.*. Correlates of Regular Participation in Sports Groups among Japanese Older Adults: JAGES Cross-Sectional Study. PLoS ONE 10(10): e0141638, 2015 【abstract】
Kanamori, S., Takamiya, T., Inoue, S. Group exercise for adults and elderly: Determinants of participation in group exercise and its associations with health outcome. J Phys Fitness Sports Med 4(4):315-320, 2015
Kamada, M.*, Kitayuguchi, J.*, Abe, T.*, Taguri, M.*, Inoue, S., Ishikawa, Y.*, Harada, K.*, Lee, I.M.*, Bauman, A.*, Miyachi, M.*. Community-wide promotion of physical activity in middle-aged and older Japanese: a 3-year evaluation of a cluster randomized trial. Int J Behav Nutr Phys Act 12:82, 2015 【abstract】
Hayashi, T., Odagiri, Y., Takamiya, T., Ohya, Y., Inoue, S. Organizational justice and insomnia: Relationships between justice components and insomnia symptoms among private company workers in Japan. J Occup Health 57(2):142-150, 2015 【abstract】
Sugiyama, T.*, Inoue, S., Cerin, E.*, Shimomitsu, T., Owen, N.*. Walkable area within which destinations matter: Differences between Australian and Japanese cities. Asia Pac J Public Health 27(2): NP2757-NP2763, 2015 【abstract】
Tsuno, K.*, Kawakami, N.*, Tsutsumi, A.*, Shimazu, A.*, Inoue, A.*, Odagiri, Y., Yoshikawa, T.*, Haratani, T.*, Shimomitsu, T., Kawachi, I.*. Socioeconomic determinants of bullying in the workplace: a national representative sample in Japan. PLOS ONE 10(3): e0119435, 2015 【abstract】
日本語論文・著作
金森 悟,甲斐裕子*,川又華代*,楠本真理*,高宮朋子,大谷由美子,小田切優子,福島教照,井上 茂. 事業場の産業看護職の有無と健康づくり活動の実施との関連. 産衛誌 57(6): 297-305, 2015
菊池宏幸, 井上 茂. 高齢者の座り過ぎによる健康障害とその対策(特集:座位行動研究の潮流). 体育の科学 65(8): 567-572, 2015
井上 茂, 永富良一*. 6. 脳心血管病の生活習慣の改善-運動療法. 脳心血管病予防に関する包括的リスク管理チャートについて. 日本内科学会雑誌 104(4): 841-842, 2015
田中千晶*, 田中茂穂*, 井上 茂, 宮地元彦*, Reilly, J.J.*. 子どもおよび青少年の身体活動を促進するための "Active Healthy Kids Report Card". 運動疫学研究 17(1): 37-42, 2015
網谷真理恵*, 石川善樹*, 乾 明夫*, 井上 茂, 島津明人*, 諏訪茂樹*, 津田 彰*, 堤 明純*, 坪井康次*, 中尾睦宏*, 中山健夫*, 端詰勝敬*, 吉内一浩*. 医学部教育における行動科学カリキュラムの提案. 医学教育 46(1):37-40, 2015
小田切優子. 検査の活用-セルフケア支援の進め方(特集:「心理的な負担の程度を把握するための検査」の意義と活用. 産業精神保健 23(1): 17-21, 2015
堤 明純*, 小田切優子, 吉川 徹*, 吉川悦子*, 原谷隆史*. 職場のストレスリスクアセスメントツールの開発. 日職災医誌 63(1):7-13, 2015
岩佐 翼,高宮朋子,大谷由美子,小田切優子,菊池宏幸,福島教照,岡浩一朗*,北畠義典*,下光輝一,井上 茂. 国内3地域における前期高齢者の身体活動実施状況の違い. 体力科学 64(1):145-154, 2015
井上 茂. 都市交通・都市計画と健康(特集:遅い交通). 運輸と経済 75(1):64-68, 2015
福島教照, 井上 茂. 身体活動・運動と循環器疾患. 心臓 47(1):9-16, 2015
井上 茂. 社会環境と身体活動-なぜ「環境」なのか-. 身体活動支援環境の整備. 健康長寿社会を創る 解説 健康日本21(第二次). 公益財団法人健康・体力づくり事業財団. 83-87, 88-92, 2015
小田切優子. .総論 5.行動の全人的理解 c.行動と予防医学. 行動医学テキスト. 編:日本行動医学会. 株式会社中外医学社. 93-99, 2015
井上 茂, 涌井佐和子*. .各論 3.行動変容の応用 c.運動・身体活動. 行動医学テキスト. 編:日本行動医学会. 株式会社中外医学社. 163-168, 2015
井上 茂, 中谷友樹*. 9章 都市環境と健康. 社会と健康 健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ. 編:川上憲人*, 橋本英樹*, 近藤尚己*. 一般財団法人東京大学出版会. 175-192, 2015
2014年
英語論文・著作
Inoue, A.*, Kawakami, N.*, Shimomitsu, T., Tsutsumi, A.*, Haratani, T.*, Yoshikawa, T.*, Shimazu, A.*, Odagiri, Y. Development of a short version of the New Brief Job Stress Questionnaire. Ind Health 52(6):535-540, 2014 【abstract】
Kamada, M.*, Kitayuguchi, J.*, Lee, I.M.*, Hamano, T.*, Imamura, F.*, Inoue, S., Miyachi, M.*, Shiwaku, K.*. Relationship between physical activity and chronic musculoskeletal pain among community-dwelling Japanese adults. J Epidemiol 24(6):474-483, 2014 【abstract】
Kikuchi, H., Inoue, S., Sugiyama, T.*, Owen, N.*, Oka, K.*, Nakaya, T.*, Shimomitsu, T. Distinct associations of different sedentary behaviors with health-related attributes among older adults. Prev Med 67:335-339, 2014 【abstract】
Otaka, J., Kurata, A., Inoue, S., Ohno, S., Park, J., Yoshimura, M. Association of renal cyst size with abdominal aortic dilatation in non-aneurysmal subjects. Experimental & Clinical Cardiology 20(8):2954-2977, 2014
Kanamori, S., Kai, Y.*, Aida.*, J.*, Kondo, K.*, Kawachi, I.*, Hirai, H.*, Shirai, K.*, Ishikawa, Y.*, Suzuki, K.*. The JAGES Group. Social participation and the prevention of functional disability in older Japanese: the JAGES cohort study. PLOS ONE 9(6): e99638, 2014 【abstract】
Inoue, A.*, Kawakami, N.*, Shimomitsu, T., Tsutsumi, A.*, Haratani, T.*, Yoshikawa, T.*, Shimazu, A.*, Odagiri, Y. Development of a short questionnaire to measure an extended set of job demands, job resources, and positive health outcomes: the New Brief Job Stress Questionnaire. Ind Health 52(3): 175-189, 2014 【abstract】
Kikuchi, H., Takamiya, T., Odagiri, Y., Ohya, Y., Nakaya, T.*, Shimomitsu, T., Inoue, S. Gender differences in association between psychological distress and detailed living arrangements among Japanese older adults, aged 65-74 years. Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol 49(5):823-830, 2014 【abstract】
Hanaoka, K.*, Nakaya, T.*, Yano, K.*, Inoue, S. Network-based spatial interpolation of commuting trajectories: Application of a university commuting management project in Kyoto, Japan. Journal of Transport Geography 34:274-281, 2014
日本語論文・著作
荒神裕之. 医療対話推進者養成セミナー導入・基礎編のフォローアップ研修におけるアンケート調査に基づく成果と課題の検討. 医療コンフリクト・マネジメント 3: 9-13,2014
井上 茂. 高齢者の身体活動不足をもたらす社会環境(特集:介護予防の最新トピックス). 介護福祉・健康づくり1(2):85-89, 2014
井上 茂. 医学教育の国際化と行動医学?日本行動医学会による行動医学コアカリキュラム作成の背景. 行動医学研究 20(2):47-51, 2014
堤 明純*, 石川善樹*, 乾 明夫*, 井上 茂, 島津明人*, 諏訪茂樹*, 津田 彰*, 坪井康次*, 中尾睦宏*, 中山健夫*, 端詰勝敬*, 吉内一浩* . 医学部卒業時に求められる行動科学に関するコンピテンシー-デルファイ法による調査結果. 行動医学研究 20(2):63-68, 2014
金森 悟, 中村研吾*, 甲斐裕子*, 川又華代*, 楠本真理*, 福田 洋*. 企業内の健康推進員,産業看護職,外部の運動の専門職が連携した体操教室の実践. 日健教誌 22(3):225-234, 2014
井上 茂. 身体活動・運動と健康(特集:睡眠・休養・運動と健康). 保健の科学56(5):296-301, 2014
林 俊夫, 内山綾子, 小田切優子, 井上 茂. 心理社会的職場要因とメンタルヘルス対策(産業医に役立つ最新の研究報告). 産業医学ジャーナル37(3):51-57, 2014
種田行男*, 井上 茂, 武田典子*, Bull, F.*. 健康増進のための身体活動に関する政策監査ツール(HEPA PAT)の紹介. 運動疫学研究 16(2):92-110, 2014
柴田 愛*, 石井香織*, 井上 茂, 岡浩一朗*. 成人を対象にした座位時間を減らすための介入研究のシステマティックレビュー. 運動疫学研究 16(1): 9-23, 2014
井上 茂. 社会・環境と身体活動との関連と環境改善による身体活動増加の可能性(特集:新しい身体活動基準・アクティブガイドをめぐって). 臨床スポーツ医学 31(1): 60-66, 2014
2013年
英語論文・著作
Ikeda, Y.*, Hirata, S.,*, Maeda, W.*, Okuzumi, H.*, Kokubun, M.*, Ambe, H.*, Fujieda, Y.*, Suijo, K., Hayashi, J.*, Iteya, M.*. Relationship between Stroop/reverse-Stroop interference and postural sway when standing in elderly people. Comprehensive Psychology 2(1): 9, 2013
Kikuchi, H., Takamiya, T., Odagiri, Y., Ohya, Y., Shimomitsu, T., Inoue, S. Mental illness and a high-risk, elderly Japanese population: characteristic differences related to gender and residential location. Psychogeriatrics 13(4)229-236, 2013 【abstract】
El-Saed, A.*, Curb, JD.*, Kadowaki, T.*, Okamura, T.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Masaki, K.*, Seto, TB.*, Takamiya, T., Choo, J.*, Edmundowicz, D.*, Evans, RW.*, Fujiyoshi, A.*, Nakamura, Y.*, Miura, K.*, Shin, C.*, Kuller, LH.*, Ueshima, H.*, Sekikawa, A.*. The prevalence of aortic calcification in Japanese compared to white and Japanese-American middle-aged men is confounded by the amount of cigarette smoking. Int J Cardiol 167(1): 134-139, 2013 【abstract】
Kurata, A., Inoue, S., Ohno, S., Nakatsubo, R., Takahashi, K., Ito, T., Kawasaki, K., Kokubo, R., Sakai, T., Ubukata, J., Matsubara, S., Muraoka, R., Yamazaki, J., Hirose, T., Hojo, M., Watanabe, E., Kuroda, M. Correlation between number of renal cysts and aortic circumferences measured using autopsy material. Pathol Res Pract 209(7):441-447, 2013 【abstract】
Ding, D.*, Adams, M.A.*, Sallis, J.F.*, Norman, G.J.*, Hovell, M.F.*, Chambers, C.D.*, Hofstetter, C.R.*, Bowles, H.R.*, Hagstromer, M.*, Craig, C.L.*, Gomez, L.F.*, De Bourdeaudhuij, I.*, Macfarlane, D.J.*, Ainsworth, B.E.*, Bergman, P.*, Bull, F.C.*, Carr, H.*, Klasson-Heggebo, L.*, Inoue, S., Murase, N., Matsudo, S.*, Matsudo, V.*, McLean, G.*, Sjostrom, M.*, Tomten, H.*, Lefevre, J.*, Volbekiene, V.*, Bauman, A.E.*. Perceived neighborhood environment and physical activity in 11 countries: Do associations differ by country? Int J Behav Nutr Phys Act 10:57, 2013 【abstract】
Saito, Y.*, Oguma, Y.*, Inoue, S., Tanaka, A.*, Kobori, Y.*. Environmental and individual correlates of various types of physical activity among community-dwelling middle-aged and elderly Japanese. Int J Environ Res Public Health 10, 2028-2042, 2013 【abstract】
Asaoka, S., Aritake, S., Komada, Y., Ozaki, A.*, Odagiri, Y., Inoue, S., Shimomitsu, T., Inoue Y. Factors associated with shift work disorder in nurses working with rapid-rotation schedules in Japan: The nurses' sleep health project. Chronobiol Int 628-636, 2013 【abstract】
Azuma, K.*, Curb, J.D.*, Kadowaki, T.*, Edmundowicz, D.*, Kadowaki, S*, Masaki, K.H.*, El-Saed, A.*, Nishio, Y.*, Seto, T.B.*, Okamura, T.*, Cetinel, C.*, Kadota, A.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Miura, K.*, Evans, R.W.*, Takamiya T., Maegawa H.*, Miljkovic, I.*, Kuller, L.H.*, Ueshima, H.*, Kelley, D.E.*, Sekikawa, A.*. Ethnic difference in liver fat content: A cross-sectional observation among Japanese American in Hawaii, Japanese in Japan, and non-Hispanic whites in United States. Obes Res Clin Pract 7(3):e198-e205, 2013 【abstract】
Kamada, M.*, Kitayuguchi, J.*, Inoue, S., Ishikawa Y.*, Nishiuchi H.*, Okada, S.*, Harada, K.*, Kamioka, H.*, Shiwaku, K.* A community-wide campaign to promote physical activity in middle-aged and elderly people: a cluster randomized controlled trial. Int J Behav Nutr Phys Act 10:44, 2013 【abstract】
Uchiyama, A., Odagiri, Y., Ohya, Y., Takamiya, T., Inoue, S., Shimomitsu, T. Effect on mental health of a participatory intervention to improve psychosocial work environment: A cluster randomized controlled trial among nurses. J Occup Health 55(3):173-183, 2013 【abstract】
Kikuchi, H., Inoue, S., Sugiyama, T.*, Owen, N.*, Oka, K.*, Shimomitsu, T. Correlates of prolonged television viewing time in older Japanese men and women. BMC Public Health 13:213, 2013 【abstract】
Suijo, K., Inoue, S., Ohya Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Ishibashi, H., Itoh M.*, Fujieda Y.*, Shimomitsu, T. Resistance Exercise Enhances Cognitive Function in Mouse. Int J Sports Med 34: 368-375, 2013 【abstract】
Adams, MA.*, Ding, D.*, Sallis, JF.*, Bowles, HR.*, Ainsworth, BE.*, Bergman, P.*, Bull, FC.*, Carr, H.*, Craig, CL.*, De Bourdeaudhuij, I.*, Fernando Gomez, L.*, Hagstromer, M.*, Klasson-Heggeb, L.*, Inoue, S., Lefevre, J.*, Macfarlane, DJ.*, Matsudo, S.*, Matsudo, V.*, McLean, G.*, Murase, N., Sjostrom, M.*, Tomten, H.*, Volbekiene, V.*, Bauman, A.* Patterns of neighborhood environment attributes related to physical activity across 11 countries: a latent class analysis. Int J Behav Nutr Phys Act 10:34, 2013 【abstract】
日本語論文・著作
岩佐 翼, 井上 茂. 世界と日本の身体活動指針(特集:運動基準・指針から身体活動基準・指針へ). 体育の科学 63(12): 933-939, 2013
井上 茂. 身体活動・運動による生活習慣病対策 ?なぜ、不活動な生活習慣が蔓延するのか. 新潟市医師会報 512:2-9, 2013
井上 茂. 身体活動研究の国際動向(特集 時々刻々:解説 身体活動・運動のエビデンス). 公衆衛生情報 43(7):8-9, 2013
柴田 愛*, 岡浩一朗*, 石井香織*, 井上 茂, 杉山岳巳*, Owen, N.*. 座り過ぎによる糖尿病への弊害 -改善への糸口- (特集:糖尿病運動療法 : 運動指導成功のためのノウハウ-ホップ・ステップ・ジャンプ). 臨床スポーツ医学 30(10): 947-955, 2013
岡田知也, 林 亜美, 岩田あずさ, 和田憲和, 中尾俊之, 井上 茂. 慢性腎臓病患者における随時尿を用いた推定式による食塩摂取量の評価の妥当性に関する検討. 日本病態栄養学会誌 16(3):305-312, 2013
種田行男*, 井上 茂, 武田典子*. 身体活動を促進するための国家政策の監査とトロント憲章(特別報告). 日健教誌 21(2):165-170, 2013
井上 茂, 身体活動と地域環境 -生活習慣病対策のポピュレーション・アプローチ-. 東医大誌 71(2); 108-114, 2013【full text (東京医科大学学術情報リポジトリへのリンク)】
岡浩一朗*, 杉山岳巳*, 井上 茂, 柴田 愛*, 石井香織*, Owen, N.*. 座位行動の科学 -行動疫学の枠組みの応用-. 日本健康教育学会誌 21(2): 142-153, 2013
小田切優子. 職業性ストレス簡易調査票の開発と応用 新職業性ストレス簡易調査票の現場での応用(特集:これからの職場のメンタルヘルスの第一次予防). 産業ストレス研究20(2):155-162, 2013
小田切優子. 第6節 職業性ストレス簡易調査票を活用したメンタルヘルス対策. 研究者・技術者の「うつ病」対策. (株)技術情報協会. 85-93, 2013
岡 浩一朗*, 井上 茂, 柴田 愛*, 江川賢一*, 鎌田真光*, 澤田 亨*, 志村広子*, 内藤義彦*. 「非感染性疾患予防:身体活動への有効な投資」日本語版の紹介. 運動疫学研究 15(1): 17-30, 2013【Full text (日本運動疫学会へのリンク)】
小田切優子. 第6章 産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進 第2節 ストレスの把握と指導 2. 質問紙調査によるストレスの把握. 3. 結果のフィードバックと指導のポイント. メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト(第3版)[種マスターコース]. 編:大阪商工会議所. 中央経済社. 223-229, 229-234, 2013
小田切優子. 第3章 職場環境等の評価および改善の方法 第1節 職場環境などの評価方法. メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト(第3版)[種ラインケアコース]. 編:大阪商工会議所. 中央経済社. 100-108, 2013
下光輝一, 大谷由美子. 第1章 健康づくり施策概論 1. 健康づくり施策. 第2章 健康管理概論 1. 健康の概念、医事法規. 2.生活習慣病概論. 健康運動指導士養成講習会テキスト(上). (公財)健康・体力づくり事業財団. 3-18, 37-43, 45-63, 2013
小田切優子. 糖尿病2型とストレス:記憶と海馬の影響 Diabetes Type 2 and Stress: Impact on Memory and the Hippocampus. 健康と社会経済状態 Health and Socioeconomic Status. ソーシャルキャピタル(社会関係資本) Social Capital. 社会的地位とストレス Social Status and Stress. ストレス百科事典 精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善出版(株). 294-299, 583-589, 682-684, 690-694, 2013
大谷由美子. 敵意 Hostility. ストレスにおける文化的要因 Cultural Factors in Stress. ストレス百科事典 精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善出版(株). 447-451, 632-636, 2013
渡辺 森, 井上 茂. 刑務所 Prison. ストレス百科事典 精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善出版(株). 561-565, 2013
内山綾子. 工業化社会 Industrialized Societies. ストレス百科事典 精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善出版(株). 610-613, 2013
2012年
英語論文・著作
Shibata, A.*, Oka, K.*, Inoue, S., Christian, H.*, Kitabatake Y.*, Shimomitsu, T. Physical activity of Japanese older adults who own and walk dogs. Am J Prev Med 43(4):429-433, 2012 【abstract】
Lee, I.M.*, Shiroma, E.J.*, Lobelo, F.*, Puska, P.*, Blair, S.N.*, Katzmarzyk, P.T.*, Lancet Physical Activity Series Working Group (Inoue, S., 他). Effect of physical inactivity on major non-communicable diseases worldwide: an analysis of burden of disease and life expectancy. Lancet 380(9838): 219-229, 2012 【abstract】
Hallal, P.C.*, Andersen, L.B.*, Bull, F.C.*, Guthold, R.*, Haskell, W.*, Ekelund, U.*, Lancet Physical Activity Series Working Group (Inoue, S., 他). Global physical activity levels: surveillance progress, pitfalls, and prospects. Lancet 380(9838): 247-257, 2012 【abstract】
Bauman, A.E.*, Reis, R.S.*, Sallis, J.F.*, Wells, J.C.*, Loos, R.J.*, Martin, B.W.*, Lancet Physical Activity Series Working Group (Inoue, S., 他). Correlates of physical activity: why are some people physically active and others not? Lancet 380(9838): 258-271, 2012 【abstract】
Heath, G.W.*, Parra, D.C.*, Sarmiento, O.L.*, Andersen, L.B.*, Owen, N.*, Goenka, S.*, Montes, F.*, Brownson, R.C.*, Lancet Physical Activity Series Working Group (Inoue, S., 他). Evidence-based intervention in physical activity: lessons from around the world. Lancet 380(9838): 272-281, 2012 【abstract】
Pratt, M.*, Sarmiento, O.L.*, Montes, F.*, Ogilvie, D.*, Marcus, B.H.*, Perez, L.G.*, Brownson, R.C.*, Lancet Physical Activity Series Working Group (Inoue, S., 他). The implications of megatrends in information and communication technology and transportation for changes in global physical activity. Lancet 380(9838): 282-293, 2012 【abstract】
Kohl, H.W.*, Craig, C.L.*, Lambert, E.V.*, Inoue, S., Alkandari, J.R.*, Leetongin, G.*, Kahlmeier S.*, Lancet Physical Activity Series Working Group. The pandemic of physical inactivity: global action for public health. Lancet 380(9838):294-305, 2012 【abstract】
Lee, S.*, Curb, JD.*, Kadowaki, T.*, Evans, RW.*, Miura, K.*, Takamiya T, Shin, C.*, El-Saed, A.*, Choo, J.*, Fujiyoshi, A.*, Otake, T.*, Kadowaki, S.*, Seto, T.*, Masaki, K.*, Edmundowicz, D.*, Ueshima, H.*, Kuller, LH.*, Sekikawa, A.* Significant inverse associations of serum n-6 fatty acids with plasma plasminogen activator inhibitor-1. Br J Nutr 107(4):567-572, 2012 【abstract】
Inoue, S., Ohya, Y., Tudor-Locke C.*, Yoshiike, N.*, Shimomitsu, T.Step-defined physical activity and cardiovascular risk among middle-aged Japanese: the National Health and Nutrition Survey of Japan 2006. J Phys Act Health 9:1117-1124, 2012 【abstract】
Liao, Y.*, Harada, K.*, Shibata, A.*, Ishii, K.*, Oka, K.*, Nakamura, Y.*, Inoue S., Shimomitsu, T. Association of self-reported physical activity patterns and socio-demographic factors among normal-weight and overweight Japanese men. BMC Public Health 12:278, 2012 【abstract】
Inoue, S., Sugiyama T.*, Takamiya, T., Oka, K.*, Owen, N.*, Shimomitsu, T. Television viewing time is associated with overweight/obesity among older adults, independent of meeting physical activity and health guidelines. J Epidemiol 22(1):50-56, 2012 【abstract】
日本語論文・著作
津田 彰*, 下光輝一, 小田切優子, 伏島あゆみ*, 田中芳幸*, 岡村尚昌*, 山口英世*, 山本哲郎*, Mori, H.*, Batthyany, A.*, Singh, A.N.*, 永田勝太郎*. 働く人のこころとからだの早期健康チェック (Comprehensive Health Check for Workers, CHCW) 質問紙の新規開発. Comprehensive Medicine 11(1):2-28, 2012
小田切優子. . 海外の動向 1. 欧州の産業ストレス対策. 産業ストレスとメンタルヘルス ?最先端の研究から対策の実践まで?. 編:日本産業ストレス学会. 中央労働災害防止協会, 308-315, 2012
小田切優子. 職場における活用上のポイント(特集:新職業性ストレス簡易調査票の解説2). 産業医学ジャーナル35(6):10-14, 2012
井上 茂. 身体活動の推進と環境整備(特集:健康日本21(第2次)と社会環境の整備). 保健の科学 54(10):666-671, 2012
小田切優子、川上憲人*、下光輝一. 職場のメンタルヘルスの新しい日本型枠組み:ステークホルダー会議の成果から(特集:これからの職場のメンタルヘルスストレス対策から活性化対策へ. 産業精神保健 20(3):187-193, 2012
石橋弘子、高宮朋子、井上茂、大谷由美子、小田切優子、北林蒔子、下光輝一. 某地方自治体公務員におけるテレビ視聴時間、中高強度身体活動レベルと肥満の関連.
体力科学 61(4) :421-426, 2012
2011年
英語論文・著作
Liao, Y.*, Harada, K.*, Shibata, A.*, Ishii, K.*, Oka K.*, Nakamura, Y.*, Sugiyama, T.*, Inoue, S., Shimomitsu, T. Joint associations of physical activity and screen time with overweight among Japanese adults. Int J Behav Nutr Phys Act, 8:131, 2011 【abstract】
Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Kamada M.*, Okada S.*, Oka K.*, Kitabatake Y.*, Nakaya T.*, Sallis JF.*, Shimomitsu T. Perceived neighborhood environment and walking for specific purposes among elderly Japanese. J Epidemiol 21(6):481-490, 2011 【abstract】
Tudor-Locke, C.*, Craig, C.L.*, Brown, W.J.*, Clemes, S.A.*, Cocker, K.D.*, Giles-Corti, B.*, Hatano, Y.*, Inoue, S., Matsudo, S.M.*, Mutrie, N.*, Oppert, J.M.*, Rowe, D.A.*, Schmidt, M.D.*, Schofield, G.M.*, Spence, J.C.*, Teixeira, P.J.*, Tully, M.A.*, Blair, S.N.*. How Many Steps/day are Enough? For Adults. Int J Behav Nutr Phys Act 8:79, 2011 【abstract】
Uchiyama, A., Odagiri, Y., Ohya, Y., Suzuki, A.*, Hirohata, K.*, Kosugi, S.*, Shimomitsu, T. Association of social skills with psychological distress among female nurses in Japan. Ind Health 49:677-685, 2011 【abstract】
Inoue, S., Ohya, Y, Tudor-Locke, C*, Tanaka, S*, Yoshiike, N.*, Shimomitsu, T. Time trends for step-determined physical activity among Japanese adults. Med Sci Sports Exerc 43(10): 1913-1919, 2011 【abstract】
Inoue, S., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Suijo K., Kamada, M.*, Okada S.*, Tudor-Locke C.*, Shimomitsu T. Socio-demographic determinants of pedometer-determined physical activity among Japanese Adults. Am J Prev Med 40(5):566-571, 2011 【abstract】
Kamada, M.*, Kitayuguchi, J.*, Shiwaku, K.*, Inoue, S., Okada, S.*, Mutoh,Y.* Differences in association of walking for recreation and for transport with maximum walking speed in an elderly Japanese community population. J Phys Act Health 8(6):841 -847, 2011 【abstract】
Harada, K.*, Oka, K.*, Shibata, A.*, Ishii, K.*, Nakamura, Y.*, Inoue, S., Shimomitsu, T. Strength Training-Behavior and Perceived Environment among Japanese Older Adults. JAPA:19(3):262-272, 2011 【abstract】
Liao, Y.*, Harada, K.*, Shibata, A.*, Ishii, K.*, Oka, K.*, Nakamura Y.*, Inoue S., Shimomitsu, T. Perceived Environmental Factors Associated with Physical Activity among Normal-weight and Overweight Japanese Men. Int J Environ Res Public Health 8(4): 931-943, 2011 【abstract】
Hayashi, T., Odagiri, Y., Ohya, Y., Tanaka, K.*, Shimomitsu, T. Organizational Justice, Willingness to Work, and Psychological Distress: Results from a Private Japanese Company. JOEM 53(2):174-181, 2011 【abstract】
日本語論文・著作
北林蒔子、大谷由美子、高宮朋子、小田切優子、井上茂、石橋弘子、下光輝一. 地方自治体職員における肥満に関連する食行動についての横断的研究. 総合的健康美学研究 1: 22-29, 2011
井上 茂. 健康づくりの世界的潮流-トロント憲章-(特集:スポーツサイエンスの最前線). 体育の科学 61(12):936-941, 2011
井上 茂. 運動の記録は?運動目標の立て方、実践記録の方法を教えてください(特集:患者さんのQuestion). 肥満と糖尿病 10(3): 434-437, 2011
井上 茂. 身体活動・運動不足(特集:心血管危険因子-生活習慣病の観点から-). Medicinal 1(3):78-85, 2011
岡田真平*,井上 茂,鎌田真光*,北湯口純*,朴 相俊*,下光輝一. チェックリスト方式による身体活動環境評価の有用性-長野県東御市の行政職員による環境評価-. 運動疫学研究 13(2): 137-145, 2011【Full text (日本運動疫学会へのリンク)】
齋藤義信*,小熊祐子*,井上 茂,田中あゆみ*,頼 建豪*,小川芳弘*,高橋 健*,鈴木清美*,小堀悦孝*. 移動および余暇の歩行行動に関連する環境要因-藤沢市在住の60-69歳を対象とした横断研究-. 運動疫学研究 13(2): 125-136, 2011【Full text (日本運動疫学会へのリンク)】
高宮朋子、下光輝一. 「健康日本21」を振り返って(Massでみる糖尿病・メタボリックシンドローム)(特集:最新版 糖尿病虎の巻?新時代の糖尿病診療を実践する). 内科 108 (4):590-594, 2011
衛藤久美*、岸田惠津*、北林蒔子、三谷規子*. 諸外国における学童・思春期の学校を拠点とした栄養・食教育に関する介入研究の動向:系統的レビューより. 日本健康教育学会誌 19(3):183-203, 2011
内山綾子, 小田切優子. アウシュビッツ収容所. 核兵器. 災害. サバイバーシンドローム. サバイバーズギルト. 地震. 性犯罪. 戦闘ストレス反応. テロリズム. ナチス. フラッシュバック. ベトナム戦争. ホロコースト. 湾岸戦争症候群. ストレス科学事典. 監修:日本ストレス学会, (財)パブリックヘルスリサーチセンター. (株)実務教育出版, 5, 142, 334-335, 350, 351, 405, 622-623, 648-649, 736-737, 780, 910, 925-926, 957-958, 1054-1055, 2011
小田切優子. オーバートレーニング症候群. 生理学的ストレスモデル. 生理・生化学的ストレス測定法. ストレス科学事典. 監修:日本ストレス学会, (財)パブリックヘルスリサーチセンター. (株)実務教育出版, 110, 623-624, 625-626, 2011
下光輝一. 行動医学. ストレス. レビィ. ストレス科学事典. 監修:日本ストレス学会, (財)パブリックヘルスリサーチセンター. (株)実務教育出版, 296-297, 558-559, 1041, 2011
小田切優子, 下光輝一, 酒井一博*. 職業運転者の過労および健康障害による事故防止の取り組み. 日本疲労学会誌 6(2): 59-64, 2011
高波嘉一, 川合ゆかり, 下光輝一. 動脈硬化と運動 (特集:運動と生活習慣病). 成人病と生活習慣病 41(3):296-303, 2011
北林蒔子、大谷由美子、高宮朋子、小田切優子、井上茂、石橋弘子、下光輝一. 某地方自治体職員における生活習慣及び栄養素摂取状況の性・年代・職種別比較. 医療保健学研究 2: 143-166, 2011
井上 茂, 岡 浩一朗*, 柴田 愛*, 荒尾 孝*, 種田行男*, 勝村俊仁, 熊谷秋三*,下光輝一, 杉山岳巳*, 田中茂穂*, 内藤義彦*, 中村好男*, 山口幸生*, 李 廷秀*. 身体活動のトロント憲章日本語版:世界規模での行動の呼びかけ. 運動疫学研究13(1): 12-29, 2011【Full text (日本運動疫学会へのリンク)】
小田切優子, 下光輝一. 職場のメンタルヘルス(特集:なぜ今、メンタルヘルスが問題か). 臨床と研究 88(3):281-286, 2011
井上 茂, 下光輝一. 生活習慣病と環境要因-身体活動に影響する環境要因とその整備. 医学のあゆみ 236(1):75-80, 2011
井上茂. 都市のwalkabilityと生活習慣病. 安寧の都市研究 2: 39-50, 2011
2010年
英語論文・著作
Inoue, S., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Kamada, M.*, Okada S.*, Tudor-Locke C.*, Shimomitsu T. Characteristics of Accelerometry respondents to a mail-based surveillance study. J Epidemiol 20(6):446-452, 2010 【abstract】
Azuma, RW.*, Kadowaki, T.*, El-Saed, A.*, Ueshima, H.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Nakamura, Y.*, Edmundowicz, D.*, Ueno, Y.*, Evans, RW.*, Kadota, A.*, Kuller, LH.*, Murata, K.*, Takamiya, T., Kadowaki, S.*, Curb, JD.*, Sekikawa, A.*. Associations of D-dimer and von Willebrand factor with atherosclerosis in Japanese and white men. Acta Cardiol:65(4):449-456, 2010 【abstract】
Inoue, S., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Ishii, K., Kitabayashi, M., Suijo, K., Sallis, JF.*, Shimomitsu, T. Association between perceived neighborhood environment and walking among adults from 4 cities in Japan. J Epidemiol:20(4):277-286, 2010 【abstract】
日本語論文・著作
小田切優子, 下光輝一. 産業ストレスと疲労 (特集:疲れとだるさ). JIM 20(11):840-843, 2010
高宮朋子, 下光輝一. 健康づくりにおける運動・身体活動の意義と施策の変遷(特集:予防医学からみた運動), 体育の科学60(8): 521-527, 2010
羽山和美*, 石橋弘子, 北舘健太郎*, 山崎正利*, 安部 茂*. 口腔カンジダ症に対するOligonol の効果. 真菌誌 51(3):137-142, 2010
西山彌生*, 阿部美知子*, 池田玲子*, 宇野 潤*, 小栗豊子*, 渋谷和俊*, 前崎繁文*,毛利 忍*, 山田 剛*, 石橋弘子, 蓮見弥生*, 安部 茂*. 日本医真菌学会法による「酵母の抗真菌薬感受性試験法」に関する検討?改変法の提案2009-. 真菌誌 51(3):153-163, 2010
小田切優子. 仕事の心理社会的ストレスとメタボリックシンドローム(特集:職業性ストレスにかかわる最新情報). ストレス科学研究 25: 19-22, 2010
石井香織, 柴田 愛*, 岡 浩一朗*, 井上 茂、下光輝一. 日本人成人における健康増進に寄与する推奨身体活動の充足に関連する自宅近隣の環境要因. 日本健康教育学会誌 18(2):115-125, 2010
石井香織, 柴田 愛*, 岡 浩一朗*, 井上 茂, 下光輝一. 日本人成人における活動的な通勤手段に関連する環境要因. 体力科学 59(2): 215-224, 2010
小田切優子. 運動・身体活動とストレス・メンタルヘルス(連載:運動・身体活動と公衆衛生(21)). 日本公衛誌 57(1):50-54, 2010
高木祐介*, 藤枝賢晴*, 安部久貴*, 水上健一, 坂本佑樹*. 喘息罹患を有する者の四季の低山登山時におけるピークフロー(PEF)値の変化について.体育の科学 60(3): 193-197, 2010
下光輝一(訳). 第19章 「気の持ちよう」アンチエイジングのためのストレス対策革命. アンチエイジング若々しく美しく元気に生きる. 西村書店. 441-454, 2010
下光輝一(訳). 第20章 肌「アンチエイジング・サバイバルスーツ」. アンチエイジング若々しく美しく元気に生きる. 西村書店. 455-479, 2010
下光輝一(訳). 第21章 身の回りに潜む危険. アンチエイジング若々しく美しく元気に生きる. 西村書店. 480-488, 2010
2009年
英語論文・著作
Inoue, S., Murase, N., Shimomitsu, T., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Ishii, K., Katsumura, T., Sallis, JF.*. Association of physical activity and neighborhood environment among Japanese adults. Preventive Medicine48(4), 321-325, 2009 【abstract】
Ishii, K., Inoue, S., Ohya, Y., Odagiri, Y., Takamiya, T., Suijo, K., Owen, N.*, Shimomitsu, T. Sociodemographic variation in the perception of barriers to exercise among Japanese adults. J Epidemiol 19(4):161-168, 2009 【abstract】
Azuma, K.*, Kadowaki, T.*, Cetinel, C.*, Kadota, A.*, El-Saed, A.*, Kadowaki, S.*, Edmundowicz, D.*, Nishio, Y.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Okamura, T.*, Evans, RW.*, Takamiya, T., Ueshima, H.*, Curb, JD.*, Abbott, RD.*, Kuller, LH.*, Kelley, DE.*, Sekikawa, A.*; ERA JUMP study group. Higher liver fat content among Japanese in Japan compared with non-Hispanic whites in the United States. Metabolism 58(8):1200-1207, 2009 【abstract】
Sallis, J.F.*, Bowles, H.R.*, Bauman, A.*, Ainsworth, B.E.*, Bull, F.C.*, Craig, C.L.*, Sjo"stro"m, M.*, De Bourdeaudhuij, I.*, Lefevre, J.*, Matsudo, V.*, Matsudo, S.*, Macfarlane, D.J.*, Gomez, L.F.*, Inoue, S., Murase, N., Volbekiene, V.*, McLean, G.*, Carr, H.*, Heggebo, L.K.*, Tomten, H.*, Bergman, P.*. Neighborhood environments and physical activity among adults in 11 countries. Am J Prev Med 36:484-490, 2009 【abstract】
Kamada, M.*, Kitayuguchi, J.*, Inoue, S., Kamioka, H.*, Mutoh, Y.*, Shiwaku, K.*. Environmental correlates of physical activity in driving and non-driving rural Japanese women. Prev Med 49(6):490-496, 2009 【abstract】
Shima, S.*, Caetano, D.*, Guimaraes, L.*, Huang, Y.*, Kopp, S. M.*, Lau, A.*, Shimomitsu, T., Kuroki, N.*, Takano T.*, Yoshimura, Y.*, Ohba, S.*, Shimabukuro, E.*, Lin, C.*. Advances in Occupational Psychiatry. Advances in Psychiatry 3:279-284, 2009
日本語論文・著作
下光輝一. 社会のニーズにこたえる運動疫学研究を(連載:運動・身体活動と公衆衛生(11)). 日本公衛誌 56(1):44-47, 2009
今井(武田)富士美*, 中田由夫*, 岡浩一朗*, 北畠義典*, 原田和弘*, 神野宏司*, 井上 茂. 身体活動・運動疫学研究における重要論文20本. 運動疫学研究 11:17-27, 2009【Full text (日本運動疫学会へのリンク)】
高波嘉一、川合ゆかり、下光輝一. 身体活動・運動と生活習慣病-運動生理学と最新の予防・治療-
(VI. 特論). 日本臨牀 67(増)2: 560-569, 2009
小田切優子. 身体活動とメンタルヘルス(身体活動・運動と生活習慣病-運動生理学と最新の予防・治療- I. 身体活動の基礎). 日本臨牀 67(増2):123-128, 2009
下光輝一, 大谷由美子, 小田切優子. 第1章 健康づくり施策概論. 健康運動実践指導者養成用テキスト. (財)健康・体力づくり事業財団, 1-12, 2009
下光輝一. 現代社会におけるストレスと生活習慣病(第43回日本成人病(生活習慣病)学会:「教育講演」より). 成人病と生活習慣病 39(5):529-535, 2009
鈴木政登*、田中喜代次*、須藤美智子*、澤田 亨*、小田切優子. 日本人の健康関連体力指標最大酸素摂取量の基準値. デサントスポーツ科学 30: 3-14, 2009
高宮朋子、下光輝一. 生活習慣病と健康日本21. メタボリックシンドロームディクショナリー-健診・保健指導のための知っておきたいキーワード-. 編:大野 誠*、津下一代*、蒲池桂子*. (株)診断と治療社, 104-105, 2009
高宮朋子、下光輝一. 特定健診と特定保健指導. メタボリックシンドロームディクショナリー-健診・保健指導のための知っておきたいキーワード-. 編:大野 誠*、津下一代*、蒲池桂子*. (株)診断と治療社, 105-107, 2009
下光輝一, 大谷由美子. 第1章 健康づくり施策概論 1. 健康づくり施策. 健康運動指導士養成講習会テキスト(上).(財)健康・体力づくり事業財団, 3-28, 2009
下光輝一, 大谷由美子. 第2章 健康管理概論 1. 健康の概念、医事法規. 健康運動指導士養成講習会テキスト(上). (財)健康・体力づくり事業財団, 55-66, 2009
下光輝一, 高宮朋子. 第2章 健康管理概論 2.生活習慣病概論. 健康運動指導士養成講習会テキスト(上). (財)健康・体力づくり事業財団, 67-93, 2009
井上 茂、大谷由美子、小田切優子、高宮朋子、石井香織、李 延秀*、下光輝一. 近隣歩行環境簡易質問紙日本語版(ANEWS日本語版)の信頼性. 体力科学 58(4):453-461, 2009
石井香織, 井上 茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 下光輝一. 簡易版運動習慣の促進要因・阻害要因尺度の開発. 体力科学 58(5):507-516, 2009
小田切優子、 Mette Bogehus Rasmussen*.デンマークにおける産業ストレス対策. 産業ストレス研究 16(4):217-222, 2009
安部久貴*, 藤枝賢晴*, 高原 桂*, 水上健一, 三本木千秋*, 射手矢岬*.夏季強化合宿中における低使用量のグルタミン連日摂取が大学柔道選手の体調維持と運動パフォーマンスに及ぼす影響. 東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系 61:129-134, 2009
水上健一, 藤枝賢晴*, 安部久貴*, 高原 桂*, 三本木千秋*.アントシアニンの短期間摂取は肥満傾向にある若年女性の有酸素性運動中・運動後の脂質利用を亢進させる. 東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系 61:135-140, 2009
井上茂. 生活環境と歩行の関係は? 肥満と糖尿病 8:806-807, 2009
小田切優子. トピックス 身体活動・運動とメンタルヘルス -うつ病の運動療法を中心に-(特集:慢性疾患における身体活動・運動). 実験 治療 696:54-59, 2009
井上茂. 運動NAVI. 法研, 2009
内山綾子. 医療専門職とストレス Medical Profession and Stress. 工業化社会 Industrialized Societies. 本能説 Instinct Theory. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 124-127, 797-800, 2535-2536, 2009
高宮朋子. ウエスト―ヒップ比 Waist-Hip Ratio. コレステロールとリポタンパク質 Cholesterol and Lipoproteins. 周産期デキサメタゾン Perinatal Dexamethasone. 心臓病/心臓発作 Heart Disease/Attack. 脊髄損傷(身体的ストレス) Spinal Cord Injury, Physical Stress of. 臓器移植のストレス Organ Transplantation, Stress of. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 147-148, 958-962, 1206-1211, 1457-1462, 1708-1710, 1803-1811, 2009
井上 茂. 運動 Exercise. 警察官のストレス Police, Stress in. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 197-200, 723-725, 2009
下光輝一. 鎌状赤血球症とストレス Sickle Cell Disease and Stress. DHEA(デヒドロエピアンドロステロン) DHEA. プロオピオメラノコルチン(POMC) Pro-opiomelanocortin(POMC). プロラクチンとストレス Prolactin and Stress. メタボリックシンドロームとストレス Metabolic Syndrome and Stress. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 383-384, 1977-1980, 2396-2402, 2416-2418, 2607-2609, 2009
伊藤禄郎, 高宮朋子. クッシング症候群(医学的側面) Cushing’s Syndrome, Medical Aspects. ネルソン症候群 Nelson’s Syndrome. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 635-640, 2166-2169, 2009
渡辺 森, 井上 茂. 刑務所 Prison. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 726-730, 2009
小田切優子. 健康と社会経済状態 Health and Socioeconomic Status. 社会的地位とストレス Social Status and Stress. ソーシャルキャピタル(社会関係資本) Social Capital. 低コルチゾールとストレス Hypocortisolism and Stress. 統合医療(補完代替療法)Integrative Medicine (Complementary and Alternative Medicine). 有酸素運動とストレス軽減 Aerobic Exercise and Stress Reduction. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 772-778, 1176-1180, 1816-1818, 1956-1963, 2015-2018, 2689-2694, 2009
渡辺 森. 洪水によるストレス影響 Floods, Stress Effects of. 報復幻想 Revenge Fantasies. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 835-840, 2504-2507, 2009
大谷由美子. ストレスにおける文化的要因 Cultural Factors in Stress. 敵意 Hostility. ストレス百科事典. 編:ストレス百科事典翻訳刊行委員会, 編集協力:日本ストレス学会. 丸善(株), 1573-1577, 1981-1985, 2009
2008年
英語論文・著作
Shimizutani, M., Odagiri, Y., Ohya, Y., Shimomitsu, T., Kristensen, T.S.*, Maruta, T., Iimori, M.: Relationship of nurse burnout with personality characteristics and coping behaviors. Ind Health 46(4):326-335, 2008 【abstract】
Sekikawa, A.*, Curb, JD.*, Ueshima, H.*, El-Saed, A.*, Kadowaki, T.*, Abbott, RD.*, Evans, RW.*, Rodriguez, BL.*, Okamura, T.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Nakamura, Y.*, Masaki, K.*, Edmundowicz, D.*, Kashiwagi, A.*, Willcox, BJ.*, Takamiya, T., Mitsunami, K.*, Seto, TB.*, Murata, K.*, White, RL.*, Kuller, LH.*: Marine-derived n-3 fatty acids and atherosclerosis in Japanese, Japanese-American, and white men: a cross-sectional study. J Am Coll Cardiol 52(6):417-24, 2008 【abstract】
Maruyama, C., Araki, R.*, Kawamura, M.*, Kondo, N.*, Kigawa, M.*, Kawai, Y., Takanami, Y., Miyashita, K., Shimomitsu, T.: Azuki Bean Juice Lowers Serum Triglyceride Concentrations in Healthy Young Women. J Clin Biochem Nutr 43:19-25, 2008 【abstract】
Sekikawa, A.*, Ueshima, H.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Kadowaki, T.*, El-Saed, A.*, Okamura, T.*, Takamiya, T., Ueno, Y.*, Evans, RW.*, Nakamura, Y.*, Edmundowicz, D.*, Kashiwagi, A.*, Maegawa, H.*, Kuller, LH.*: Intima-media thickness of the carotid artery and the distribution of lipoprotein subclasses in men aged 40 to 49 years between whites in the United States and the Japanese in Japan for the ERA JUMP study. Metabolism 57(2):177-182, 2008 【abstract】
Choo, J.*, Ueshima, H.*, Jang, Y.*, Sutton-Tyrrell, K.*, El-Saed, A.*, Kadowaki, T.*, Takamiya, T., Okamura, T.*, Ueno, Y.*, Nakamura, Y.*, Sekikawa, A.*, Curb, JD.*, Kuller, LH.*, Shin, C.*: Difference in carotid intima-media thickness between Korean and Japanese men. Ann Epidemiol 18(4):310-315, 2008 【abstract】
El-Saed, A.*, Sekikawa, A.*, Edmundowicz, D.*, Evans, RW.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Kadowaki, T.*, Choo, J.*, Takamiya, T., Kuller, LH.*: Coronary calcification is more predictive of carotid intimal medial thickness in black compared to white middle aged men.Atherosclerosis 196(2):913-918, 2008 【abstract】
日本語論文・著作
北林蒔子, 本間 健*, 根ヶ山光一*: 施設入所高齢者の給食における食事満足度.日本食生活学会誌 19(3), 266-272, 2008
小田切優子,下光輝一: 心理社会的ストレスとメタボリックシンドローム. 産業ストレス研究 15(4): 233-237, 2008
井上 茂: 身体活動と環境要因(連載:運動・身体活動と公衆衛生(4)).日本公衛誌 55(6):403-406, 2008
小田切優子, 下光輝一: 労働者における慢性疲労(特集:疲労の診かた).治療 90(3):515-523, 2008
高木祐介*、藤枝賢晴*、安部久貴*、水上健一、坂本佑樹*、小林敏生*. 冬期低山登山時の気道抵抗値、心拍数及び主観的呼吸困難感の変化について-喘息罹患歴の有無による比較検討-. 登山医学 28:98-102, 2008
井上 茂, 小田切優子 ,下光輝一, 涌井佐和子*. 運動指導7つのコツ わかる!使える!行動療法活用術. 編:(株)あどらいぶ企画室. (株) 丹水社, 2008
2007年
英語論文・著作
El-Saed, A.*, Sekikawa, A.*, Zaky, RW.*, Kadowaki, T.*, Takamiya, T., Okamura, T.*, Edmundowicz, D.*, Kita, Y.*, Kuller, LH.*, Ueshima, H.*: Association of lipoprotein-associated phospholipase A2 with coronary calcification among American and Japanese men.J Epidemiol 17(6):179-185, 2007 【abstract】
Nakamura, Y.*, Ueno, Y.*, Tamaki, S.*, Kadowaki, T.*, Okamura, T.*, Kita, Y.*, Miyamatsu, N.*, Sekikawa, A.*, Takamiya, T., El-Saed, A.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Ueshima, H.*: Fish consumption and early atherosclerosis in middle-aged men.Metabolism 56(8):1060-1064, 2007 【abstract】
Matsunaga-Irie, S.*, Ueshima, H.*, Zaky, WR.*, Kadowaki, T.*, Evans, RW.*, Okamura, T.*, Takamiya, T., Kita, Y.*, Kuller, LH.*, Sekikawa, A.*: Serum ghrelin levels are higher in Caucasian men than Japanese men aged 40-49 years.Diabetes Obes Metab 9(4):591-593, 2007 【abstract】
Sekikawa, A.*, Ueshima, H.*, Kadowaki, T.*, El-Saed, A.*, Okamura, T.*, Takamiya, T., Kashiwagi, A.*, Edmundowicz, D.*, Murata, K.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Maegawa, H.*, Evans, RW.*, Kita, Y.*, Kuller, LH.*: Less subclinical atherosclerosis in Japanese men in Japan than in White men in the United States in the post-World War II birth cohort.Am J Epidemiol 165(6):617-624, 2007 【abstract】
日本語論文・著作
渡辺 森, 下光輝一: 国内外の生活習慣病対策(特集:生活習慣病の発症機序と身体活動・運動). 体育の科学57(12):868-873, 2007
小田切優子、下光輝一: メタボリックシンドローム?総論(特集:メタボリックシンドローム).心療内科11(5):291-295, 2007
下光輝一: 職場でのストレスの評価とその対策(特集:過労死・過労自死).公衆衛生 71(4):316-320, 2007
小田切優子、下光輝一. XI 対応方法 6. 身体活動・運動. 産業精神保健マニュアル. 編:日本産業精神保健学会. (株) 中山書店, 515-521, 2007
2006年
英語論文・著作
Kadowaki, T.*, Sekikawa, A.*, Okamura, T.*, Takamiya, T., Kashiwagi, A.*, Zaky, WR.*, Maegawa, H.*, El-Saed, A.*, Nakamura, Y.*, Evans, RW.*, Edmundowicz, D.*, Kita, Y.*, Kuller, LH.*, Ueshima, H.*: Higher levels of adiponectin in American than in Japanese men despite obesity. Metabolism 55(12):1561-1563, 2006 【abstract】
Okamura, T.*, Kadowaki, T.*, Sekikawa, A.*, Murata, K.*, Miyamatsu, N.*, Nakamura, Y.*, El-Saed, A.*, Kashiwagi, A.*, Maegawa, H.*, Nishio, Y.*, Takamiya, T., Kanda, H.*, Mitsunami, K.*, Kita, Y.*, Edmundowicz, D.*, Tamaki, S.*, Tsujita, Y.*, Kuller, LH.*, Ueshima, H.*: Alcohol consumption and coronary artery calcium in middle-aged Japanese men. Am J Cardiol 98(2):141-144, 2006 【abstract】
Kadowaki , T.*, Sekikawa, A.*, Murata, K.*, Maegawa, H.*, Takamiya, T., Okamura, T.*, El-Saed, A.*, Miyamatsu, N.*, Edmundowicz, D.*, Kita, Y.*, Sutton-Tyrrell, K.*, Kuller, L.H.*, Ueshima, H.*:Japanese men have larger areas of visceral adipose tissue than Caucasian men in the same levels of waist circumference in a population-based study.Int J Obes 30(7): 1163-1165, 2006 【abstract】
Takamiya, T., Kadowaki, T.*, Zaky, WR.*, Ueshima, H.*, Evans, RW.*, Okamura, T.*, Kashiwagi, A.*, Nakamura, Y.*, Kita, Y.*, Tracy, RP.*, Kuller, LH.*, Sekikawa, A.*: The determinants of plasma plasminogen activator inhibitor-1 levels differ for American and Japanese men aged 40-49. Diabetes Res Clin Pract 72(2):176-182, 2006 【abstract】
Kanazawa Y., Nakao T.*, Ohya Y., Shimomitsu T.:Association of socio-psychological factors with the effects of low protein diet for the prevention of the progression of chronic renal failure. Intern Med. 45(4):199-206, 2006 【abstract】
日本語論文・著作
下光輝一:健康づくりのための運動指針2006:生活習慣病予防のために エクササイズガイド2006(特集:新しい健康づくりのための運動基準・指針).体育の科学 56(8):615-620, 2006
小田切優子, 下光輝一:オーバートレーニング症候群とは(特集:オーバートレーニング症候群の諸問題).臨床スポーツ医学 23(8):877-881, 2006
高宮朋子, 小田切優子, 井上 茂, 大谷由美子, 涌井佐和子, 熊崎泰仁, 大山珠美*, 下光輝一:運動体験型の減量指導法へのセルフモニタリング法導入の効果に関する研究.東医大誌 64(3):277-284, 2006
下光輝一, メンタルヘルスと職場復帰支援(特集:メンタルヘルスと職場復帰).産業医学プラザ 11:1-7, 2006
下光輝一, 高宮朋子:日常生活活動の具体例.健康長寿と運動 Advances in Aging and Health Research 2005, 145-154, 2006
石井香織, 清水安夫*:スポーツ傷害を負った選手へのソーシャルサポートの効果. 体育研究 39: 6-12, 2006
下光輝一:過労死の現状と対策.綜合臨牀 55(1): 26-30, 2006
小田切優子,下光輝一:職場におけるメンタルヘルス不全の予防 職場のストレスの評価と現場での活かし方(特集:現代の産業社会における心療内科の展開).日本心療内科学会誌 10(1): 18-19, 2006
小田切優子. 第2章 行動変容ステージモデル. 行動科学を活かした身体活動・運動支援?活動的なライフスタイルへの動機付け. 監訳:下光輝一, 中村好男*, 岡 浩一郎*. (株)大修館書店, 10-23, 2006
井上 茂. 第9章 行動変容ステージモデルをグループ・カウンセリングのプログラムに用いる. 行動科学を活かした身体活動・運動支援?活動的なライフスタイルへの動機付け. 監訳:下光輝一, 中村好男*, 岡 浩一郎*. (株)大修館書店, 140-163, 2006
下光輝一. 第1編 職場におけるストレス対策の基本 ?考え方と進め方?. 事業場におけるストレス対策の実際 ?ストレスの把握から職場環境等の改善まで?. 編:中央労働災害防止協会. 中央労働災害防止協会, 9-17, 2006
2005年
日本語論文・著作
小田切優子,大谷由美子,下光輝一:職場ストレス調査にみる性差(特集:ストレスに性差はあるのか).性差と医療 2(11): 43-48, 2005
小田切優子,下光輝一:オーバートレーニング症候群とその予防.日本臨床スポーツ医学会誌: 13(3): 353-358, 2005
下光輝一:健康日本21.第2回東京国際健康スポーツ医学シンポジウム講演集 :160-163, 2005
下光輝一,小田切優子. 6.ストレス評価法 -生物学的指標に関して-. 職場のメンタルヘルス -実践的アプローチ-. 編:日本産業衛生学会・産業精神衛生研究会. 中央労働災害防止協会, 44-48, 2005
小田切優子,下光輝一. 7.職業性ストレスの評価 -職業性ストレス簡易調査票の使い方-. 職場のメンタルヘルス -実践的アプローチ-. 編:日本産業衛生学会・産業精神衛生研究会. 中央労働災害防止協会, 122-128, 2005
井上 茂,下光輝一. IV. 生活習慣病の運動療法:総論 4 健康づくりのための運動所要量. 生活習慣病対策および健康維持・増進のための運動療法と運動処方. 編:佐藤祐造*. 文光堂, 145-148, 2005
2004年
英語論文・著作
Takamiya, T., Zaky, WR.*, Edmundowics, D.*, Kadowaki, T.*, Ueshima, H.*, Kuller, LH.*, Sekikawa A.*: World Health Organization-defined metabolic syndrome is a better predictor of coronary calcium than the adult treatment panel III criteria in American men aged 40-49 years. Diabetes Care 27(12):2977-2979, 2004
Aoyagi, Y.*, Togo, F.*, Matsuki, S.*, Kumazaki, Y., Inoue, S., Takamiya, T., Naka, M., Shephard, RJ.*: Walking velocity measured over 5 m as a basis of exercise prescription for the elderly: preliminary data from the Nakanojo Study. Eur J Appl Physiol 93(1-2):217-223, 2004 【abstract】
Aoi, W.*, Naito, Y.*, Takanami, Y., Kawai, Y., Sakuma, K.*, Ichikawa, H.*, Yoshida, N.*, Yoshikawa, T.*:Oxidative stress and delayed-onset muscle damage after exercise.Free Radic. Biol. Med. 37(4): 480-487, 2004 【abstract】
Moriguchi, T., Tomoda, A., Ichimura, S., Odagiri, Y., Inoue, S., Nagasawa, T., Tanaka, H., Nakagawa, N., Shimomitsu, T.:Significance of post-exercise increment of urinary bicarbonate and pH in subjects loaded with submaximal cycling exercise.Tohoku J. Exp. Med. 202: 203-211, 2004 【abstract】
日本語論文・著作
井上 茂,下光輝一:行動医学からみた運動療法(特集:運動療法の展開?臨床に生かすヒントと行動変容).臨床栄養 104(5): 532-538, 2004
川合ゆかり,高波嘉一,下光輝一,木村 穣*:Small, dense LDLを有する中高年者に対する運動療法がLDL粒子サイズおよびビタミンEにおよぼす影響.ビタミンE研究の進歩 XI: 35-39, 2004
川合ゆかり,高波嘉一,下光輝一,丸山千寿子,勝村俊仁:長時間激運動時の血漿酸化LDLの変化におよぼすビタミンE,Cの影響.ビタミンE研究の進歩 XI: 218-223, 2004
下光輝一,小田切優子,川上憲人*:メンタルヘルスのための仕事のストレス要因などの職場環境等の改善 -現状と課題.産業ストレス研究 11(2): 87-92, 2004
下光輝一,小田切優子:職業性ストレス簡易調査票.産業精神保健 12(1): 25-36, 2004
下光輝一,井上 茂,小田切優子,高波嘉一,豊嶋英明*,八谷 寛*,玉腰浩司*,近藤高明*,井口ちよ*:肥満を伴った高脂血症患者に対する運動療法の効果に関する研究 -行動医学的アプローチを用いた運動習慣の定着による動脈硬化促進要因の改善に関する研究.Reserch Papers of The Suzuken Memorial Foundation 21: 215-223, 2004
切明善孝,下光輝一:介護保険制度を利用した健康寿命の算出方法の開発.東医大誌 62(1): 36-43, 2004
下光輝一,大谷由美子,小田切優子. 職業性ストレス簡易調査票. ストレススケールガイドブック. 実務教育出版, 250-255, 2004
2003年
英語論文・著作
Osada, T., Katsumura, T., Murase, N., Sako, T., Higuchi, H., Kime, R., Hamaoka, T., Shimomitsu, T.:Post-exercise hyperemia after ischemic and non-ischemic isometric handgrip exercise.J. Physiol. Anthropol. Appl. Human Sci. 22(6): 299-309, 2003 【abstract】
Nakanishi, M.*, Takanami, Y., Maruyama, T.*, Murata, M.*, Motohashi, Y.*, Nakano, S.,* Uchida, K.*, Maruyama, C., Kyotani, S.*, Tsushima, M.*:The ratio of serum paraoxonase/ arylesterase activity using an improved assay for arylesterase activity to discriminate PON1R192 from PON1Q192.J. Atheroscler. Thromb. 10(6): 337-342, 2003 【abstract】
Inoue, S., Odagiri, Y., Wakui, S., Katoh, R., Moriguchi, T., Ohya, Y., Shimomitsu, T.:Randomized controlled trial to evaluate the effect of a physical activity intervention program based on behavioral medicine.J. Tokyo Med. Univ. 61(2): 154-165, 2003 【full text (東京医科大学学術情報リポジトリへのリンク)】
Kato, R., Odagiri, Y., Makimura, K., Shimomitsu, T.:PCR and restriction enzyme analysis based diagnostic system for thermogenesis regulation genes.J. Tokyo Med. Univ. 61(2): 113-119, 2003 【full text (東京医科大学学術情報リポジトリへのリンク)】
Hamaoka, T., Katsumura, T., Murase, N., Sako, T., Higuchi, H., Murakami, M., Esaki, K., Kime, R., Homma, T., Sugeta, A., Kurosawa, Y., Shimomitsu, T., Chance, B.. Muscle oxygen consumption at onset of exercise by near infrared spectroscopy in humans. Advances in Experimental Medicine and Biology Vol. 530 Oxygen Transport to Tissue XXIV. Edited by Dunn, J.F.*, Swartz, H.M*. Kluwer Academic/ Plenum Publishers, 475-483, 2003 【abstract】
Kime, R., Katsumura, T., Hamaoka, T., Osada, T., Sako, T., Murakami, M., Bae, S.Y., Toshinai, K., Haga, S., Shimomitsu, T. Muscle reoxygenation rate after isometric exercise at various intensisties in relation to muscle oxidative capacity. Advances in Experimental Medicine and Biology Vol. 530 Oxygen Transport to Tissue XXIV. Edited by Dunn, J.F.*, Swartz, H.M*. Kluwer Academic/ Plenum Publishers, 497-507, 2003 【abstract】
日本語論文・著作
下光輝一,小田切優子:運動ストレスによる心理社会的ストレスの緩和(特集:職域と生活におけるストレスの活用).ストレス科学 18: 49-56, 2003
小田切優子,谷川 武*,涌井佐和子,高宮朋子,大谷由美子,下光輝一:職域における心理的ストレス反応に関連する職業性ストレスや生活習慣に関する検討.疲労と休養の科学 18(1): 75-82, 2003.
下光輝一:健康日本21(連載:用語解説シリーズ8).産業精神保健 11(3): 279-282, 2003
下光輝一, 小田切優子:生活習慣病と身体活動・運動.CLINICIAN 50(6): 16-23, 2003
小田切優子,下光輝一:トライアスロン競技における疲労(特集:疲労の医学).からだの科学 230: 51-57, 2003
高波嘉一, 下光輝一, 川合ゆかり, 木下藤寿*, 茂原 治*:肥満者の動脈硬化予防に対する運動トレーニングの新たな意義に関する検討 -脂肪細胞由来抗動脈硬化性因子(アディポネクチン)に対する運動トレーニングの効果-.デサントスポーツ科学 24: 53-60, 2003
川合ゆかり,高波嘉一,下光輝一,木下藤寿*,茂原 治*:運動による動脈硬化予防機序におけるHDLの質的変化の関与について.健康医科学 18: 27-33, 2003
井上 茂, 下光輝一, 小田切優子, 涌井佐和子, 大谷由美子:歩数計を健康教育,疫学研究に応用するための研究 -バイアスの少ない評価方法の検討-.健康医科学 18: 10-17, 2003
下光輝一. 身体活動,運動. NEW 予防医学・公衆衛生学. 編集:岸 玲子*,古野純典*,大前和幸*,小泉昭夫*. 南江堂, 141-144, 2003
井上 茂,下光輝一. III. 身体活動・運動習慣 (1) 身体活動・運動調査とその評価. エキスパートから学ぶ健康教育・栄養相談・生活習慣改善指導 生活習慣病の予防と管理. 編者:日野原茂雄*,和田高士*. ライフ・サイエンス・センター, 203-207, 2003
井上 茂,下光輝一. III. 身体活動・運動習慣 (2) 運動習慣の継続率を高める行動科学的指導方法. エキスパートから学ぶ健康教育・栄養相談・生活習慣改善指導 生活習慣病の予防と管理. 編者:日野原茂雄*,和田高士*. ライフ・サイエンス・センター, 208-215, 2003
藤枝賢晴,下光輝一. IV. 運動習慣の自己管理?その適応,安全性と禁忌,継続による効果及びそのヘルス・ケアー. エキスパートから学ぶ健康教育・栄養相談・生活習慣改善指導 生活習慣病の予防と管理. 編者:日野原茂雄*,和田高士*. ライフ・サイエンス・センター, 262-271, 2003
下光輝一. 2. 心理社会的ストレス -ヒトと環境とのかかわり-. 運動生理学シリーズ4 運動とストレス科学. 編集:竹宮 隆*, 下光輝一. (株)杏林書院, 16-33, 2003
下光輝一,小田切優子. トレーニングと疲労および休養. トレーニング生理学. 編:芳賀脩光*, 大野秀樹*. (株)杏林書院, 181-191, 2003
2002年
英語論文・著作
Tsutsumi, A.*, Kayaba, K.*, Nagami, M.*, Miki, A.*, Kawano, Y.*, Ohya, Y., Odagiri, Y., Shimomitsu, T.:The effort-reward imbalance model: experience in Japanese working population.J Occup Health 44: 398-407, 2002
Moriguchi, T., Shimomitsu, T., Odagiri, Y., Fukuda, J.*, Hamano, K.*, Kawai, T.*, Tomoda, A.:Marked increase in urinary bicarbonate and pH caused by heavy muscular exercise with dynamic knee extention.Tohoku J Exp Med 198, 31-39, 2002 【abstract】
Wakui, S., Shimomitsu, T., Odagiri, Y., Inoue, S., Takamiya, T., Ohya, Y.:Relation of the stages of change for exercise behaviors, self-efficacy, decisional-balance, and diet-related phycho-behavioral factors in young Japanese women.J Sports Med Phys Fitness 42: 224-232, 2002 【abstract】
Moriguchi, T., Shimomitsu, T., Odagiri, Y., Ichimura, S., Fukuda, J.*, Tomoda, A.:Circadian changes in urinary bicarbonate, nitric oxide metabolites and pH in female player during handball camp involved in an exercise, rest and sleep cycle.Tohoku J Exp Med 196: 281-291, 2002 【abstract】
Osada, T.*, Katsumura, T., Hamaoka, T., Murase, N., Naka, M.*, Shimomitsu, T. :Quantitative effects of respiration on venous return during single knee extension-flexion.Int J Sports Med.23(3):183-90, 2002 【abstract】
Shibaike, N.*, Utsunomiya, O.*, Ushiro, S.*, Takamiya, T., Ohuchi, A.*: 5. Action by Ministry of Health, Labor and Welfare National Health Promotion in the 21st century "Health Japan 21". Intern Med 41(1):70-71, 2002 【abstract】
Wakui, S., Odagiri, Y., Takamiya, T., Inoue, S., Kato, R., Ohya, Y., Shimomitsu, T.:Relation between self-reported weight cycling history, dieting and bio-behavioral health in Japanese adult males.Environ Health Prev Med 6(4): 248-255, 2002 【abstract】
日本語論文・著作
下光輝一:健康づくりに関する疫学的研究の意義と方法(特集:健康への疫学的アプローチ).体育の科学 52 (11): 836-840, 2002
下光輝一:ストレスと生活習慣病.臨床スポーツ医学 19(臨): 315-321, 2002
村瀬訓生, 勝村俊仁, 上田千穂子, 井上茂, 下光輝一:身体活動量の国際標準化 -IPAQ日本語版の信頼性,妥当性の評価-.厚生の指標 49 (11): 1-9, 2002
友田あき夫, 森口哲史, 小田切優子, 村瀬訓生, 下光輝一:身体活動時における尿中一酸化窒素化合物 (NOx) の動態とその生理的意義の解明.デサントスポーツ科学 23: 42-50, 2002
涌井佐和子, 下光輝一:行動科学理論に基づいた運動指導の実際.臨床運動療法研究会誌 4(1): 6-9, 2002
下光輝一:日本行動医学会の現状と展望 教育研修の立場から--.行動医学研究 8(1): 6-9, 2002
下光輝一:ストレスと生活習慣病(生活習慣病 後編 -1次予防から治療まで-).最新医学 57(6): 1335-1350, 2002
小田切優子, 下光輝一:持久運動における精神的・身体的疲労について.疲労と休養の科学 17: 9-16, 2002
小田切優子, 下光輝一:スポーツと疲労.体育の科学 52(3): 180-185, 2002
下光輝一:スポーツ・身体活動と死亡率・寿命(特集:スポーツの功罪).成人病と生活習慣病 32(3): 279-283, 2002
井上 茂,下光輝一:運動指導におけるトランスセオレティカルモデルの応用 (proceedings: 第14回臨床運動療法研究会コメディカルシンポジウム: 運動療法継続性を高めるために).臨床運動療法研究会誌 4(1): 1-2, 2002
小田切優子, 下光輝一:生活習慣病のメディカル・チェック,健康管理における最近の動向(特集:メディカル・チェックから健康管理まで).保健の科学 44(1): 41-47, 2002
下光輝一. 産業保健分野での活用法. POMS事例集. 編者:横山和仁*, 下光輝一, 野村 忍*. 金子書房, 21-28, 2002
下光輝一, 小田切優子. スポーツ医学分野での活用法. POMS事例集. 編者:横山和仁*, 下光輝一, 野村 忍*, 金子書房. 29-40, 2002
下光輝一. 産業医活動の中から一事例紹介. POMS事例集. 編者:横山和仁*, 下光輝一, 野村 忍*, 金子書房, 56-58, 2002
2001年
英語論文・著作
Shimomitsu, T., Odagiri, Y.:Endocrinological Assessment of Extreme Stress. Advances in Psychosomatic Medicine Vol 22, Everyday Biological Stress Mechanisms (Karger): 35-51, 2001
日本語論文・著作
高波嘉一:運動と酸化ストレス(第2章 酸化ストレスと老化・疾患).別冊医学のあゆみ 酸化ストレス ─フリーラジカル医学生物学の最前線 p306-310, 2001
下光輝一:運動疫学 -その今日的意義-.臨床スポーツ医学 18(7): 745-749, 2001
下光輝一. 運動は自殺を防止するのか? Q & A 運動と遺伝. 編集:大野秀樹*, 及川恒之*, 石井直方*. 大修館書店, 236-237, 2001
下光輝一. 運動は性格を変えるのか?. Q & A 運動と遺伝. 編集:大野秀樹*, 及川恒之*, 石井直方*. 大修館書店, 238-239, 2001
小田切優子, 下光輝一. 6章 職場における健康支援. 健康支援学入門. 編:日本健康支援学会. 北大路書房, 67-80, 2001
2000年
英語論文・著作
Ohira, T.*, Tanigawa, T.*, Iso, H.*, Odagiri, Y., Takamiya, T., Shimomitsu, T., Hayano, J.*, Shimamoto, T.*:Effects of shift work on 24-hour ambulatory blood pressure and its variability among Japanese workers.Scand J Work Environ Health 26(5): 421-426, 2000 【abstract】
Murakami, M., Katsumura, T., Hamaoka, T., Osada, T., Sako, T., Higuchi, H., Esaki, K., Kime, R., Shimomitsu, T.:Effects of epinephrine and lactate on the increase in oxygen consumption of nonexercising skeletal muscle after aerobic exercise.J Biomed Opt 5(4): 406-410, 2000 【abstract】
Kime, R., Katsumura, T., Hamaoka, T., Osada, T., Sako, T., Murakami, M., Bae, S.Y.*, Toshinai, K.*, Haga, S.*, Shimomitsu, T.:Reoxygenation rate immediately after static short-term high intensity exercise indicates muscle oxidative capacity.Applied Cardiopulmonary Pathophysiology 9: 343-347, 2000
Kawai, Y., Shimomitsu, T., Takanami, Y., Murase, N., Katsumura, T., Maruyama, C.*:Vitamin E level changes in serum and red blood cells due to acute exhaustive Exercise in collegiate women.J Nutr Sci Vitaminol 46: 119-124, 2000 【abstract】
Takamiya, T., Shimomitsu, T., Odagiri, Y., Ohya, Y. Sakamoto, A., Katsumura, T., Murase, N., Naka, M., Kajiyama, J.:The relationship between physical fitness and coronary risk factor profiles in Japanese women..Environ Health Prev Med 5(1): 6-12, 2000 【abstract】
Shimomitsu, T., Haratani, T.*:Current status of occupational stress and health in Japan..J Tokyo Med Univ 58(3): 331-337, 2000 【full text (東京医科大学学術情報リポジトリへのリンク)】
Takanami, Y., Iwane, H., Kawai, Y., Shimomitsu, T.:Vitamin E supplementation and endurance exercise. -Are there benefits?-.Sports Med 29(2): 73-83, 2000 【abstract】
Hamaoka, T., Katsumura, T., Murase, N., Nishio, S., Osada, T., Sako, T., Higuchi, H., Kurosawa, Y., Shimomitsu, T.:Quantification of ischemic muscle deoxygenation by near infrared time-resolved spectroscopy.J Biomed Opt 5(1), 102-105, 2000 【abstract】
Shimomitsu, T., Odagiri, Y. Legal and legislative issues -Working life in Japan-. The workplace and cardiovascular disease. Editors: Schnall, PL*, Belkic, K.*, Landsbergis, P.*, Baker, D.* HANLEY & BELFUS, INC., 280-281, 2000
Hamaoka, T., McCully, K.M.*, Katsumura, T, Shimomitsu, T., Chance, B.* Noninvasive measures of muscle metabolism. Handbook of Oxidants and Antioxidants in Exercise. Editors: Sen, C.K.*, Packer, L.*, Hanninen, O.* ELSEVIER, 485-509, 2000
日本語論文・著作
川合ゆかり, 下光輝一, 高波嘉一, 木村 穣*, 志田久美子*, 久保田洋子*, 岩崎義正*:運動療法による血清及びLDLの被酸化性の変化とビタミンEの影響.ビタミンE研究の進歩 IX: 61-67, 2000
小田切優子,下光輝一:身体活動と生活習慣病 身体活動とメンタルヘルスの疫学.日本臨牀 58(増): 445-450, 2000
井上 茂, 下光輝一:身体活動と生活習慣病 身体活動推進のための行動医学的アプローチ -トランスセオレティカルモデルの応用-.日本臨牀 58(増): 538-544, 2000
岡田知雄*,下光輝一:身体活動と生活習慣病 子どもと身体活動.日本臨牀 58(増): 290-293, 2000
川久保清*,下光輝一,荒尾 孝*:身体活動・運動(連載「健康日本21」と自治体・5).公衆衛生 64: 583-587, 2000
坂本 歩,下光輝一,小田切優子:運動によるストレスマネージメント(特集:ストレスマネージメント).産業ストレス研究 7(2): 101-106, 2000
小田切優子,下光輝一:スポーツによる疲労困憊とそのメカニズム -生理・心理学的検討-(特集:スポーツと疲労 病的疲労のメカニズムと回復).臨床スポーツ医学 17: 829-834, 2000
高波嘉一,藤枝賢晴*,下光輝一:運動療法(高脂血症のすべて V. 高脂血症の治療).臨床栄養 96(6): 744-750, 2000
金澤良枝, 中尾俊之*, 下光輝一:慢性腎不全の低たんぱく食事療法におけるアミノ酸摂取の質的内容に関する検討.日本病態栄養学会誌 3(1): 75-85, 2000
川合ゆかり,高波嘉一,木村 穣*,下光輝一:中高年者において継続的な運動は酸化ストレスに対する耐性を高めるか?健康医科学 15: 16-24, 2000
樋口博之, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 村上元秀, 西尾進也, 江崎和希, 佐古隆之, 下光輝一:ランプ負荷運動における外側広筋と大腿直筋の血液・酸素動態.体力科学 49(1): 183-192, 2000
1999年
英語論文・著作
Osada, T., Katsumura, T., Hamaoka, T., Inoue, S., Esaki, K., Sakamoto, A., Murase, N., Kajiyama, J., Shimomitsu, T., Iwane, H.:Reduced blood flow in abdominal viscera measured by Doppler ultrasound during one-legged knee extension.J. Appl. Physiol. 86(2): 709-719, 1999 【abstract】
McCall, M.R.*, La Belle, M.*, Forte, T.M.*, Krauss, R.M.*, Takanami, Y., Tribble, D.L.*:Dissociable and nondissociable forms of platelet-activating factor acethlhydrolase in human plasma LDL: Implications for LDL oxidative susceptibility..Biochim. Biophys. Acta 1437(1): 23-36, 1999 【abstract】
Kurosawa, Y, Katsumura, T., Hamaoka, T., Sako, T., Shimomitsu, T. Effects of oral creatine supplementation on muscle energy metabolism during dynamic grip exercise. Guanidino Compounds 5 (The 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine). Editors: Clark, J.F.*, Mori, A.*, Ishida, M.* Blackwell Science Japan K.K., 61-65, 1999
Hamaoka, T., Katsumura, T., Osada, T., Shimomitsu, T., Mizuno, M.* Quistorff, B.*, Chance, B.* In vivo measures of phosphocreatine and energy metabolisum in the human skeletal muscle. Guanidino Compounds 5 (The 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine). Editors: Clark, J.F.*, Mori, A.*, Ishida, M.* Blackwell Science Japan K.K., 67-71, 1999
日本語論文・著作
高波嘉一, 下光輝一, 川合ゆかり, 勝村俊仁:スポーツと臨床検査 -生活習慣病に対する運動の功罪とその評価.Lab. Clin. Pract. 17(2): 93-97, 1999
下光輝一, 高波嘉一:運動と酸化LDL.体力科学48(5): 651-660, 1999
木村直人, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 下光輝一:静的運動中における筋酸素動態とその評価.日本運動生理学雑誌 6(2): 93-102, 1999
涌井佐和子, 下光輝一, 小田切優子, 大谷由美子, 勝村俊仁:女子大学生における摂食障害傾向,減量行動およびウエイトサイクリング:運動実践状況との関連について.体力科学 48(5): 607-618, 1999
下光輝一, 小田切優子, 涌井佐和子, 井上茂, 高宮朋子:運動習慣に関する心理行動医学的研究.デサントスポーツ科学 20: 3-19, 1999
波多野義郎*, 北村尚浩*, 山田俊二*, 下光輝一, 小田切優子:文部省「新体力テスト」試行成績について.鹿屋体育大学学術研究紀要 21: 87-94, 1999
高波嘉一,下光輝一,木村 穣*,川合ゆかり,勝村俊仁:インスリン抵抗性にともなう脂質代謝障害に運動療法はいかなる効果をもたらすか.健康医科学 14: 93-102, 1999
松原大, 下光輝一, 岡村浩嗣*, 小田切優子, 勝村俊仁:超持久運動におけるアミノ酸代謝と感情・気分の変動について.体力科学 48(1): 201-210, 1999
樋口博之, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 佐古隆之, 下光輝一:漸増負荷運動における局所骨格筋の酸素化レベルの測定について.日本運動生理学雑誌 6(1): 27-35, 1999
下光輝一, 勝村俊仁, 坂本 歩, 大谷由美子, 小田切優子, 他131名. スポーツ医科学キーワード(臨床スポーツ医学臨時増刊号 Vol. 16). 編:黒田善雄*, 中嶋寛之*, 小林修平*, 村山正博*, 河野一郎*. 分光堂, 1999
下光輝一, 小田切優子. II 部 運動・スポーツと体内における対応 15章 精神・心理機能の変動. スポーツ医科学. 編集:中野昭一. (株) 杏林書院, 291-307, 1999
1998年
英語論文・著作
Hamaoka, T., Katsumura, T., Murase, N., Kurosawa, Y., Shimomitsu, T., Kuwamori, M., Kagaya, A.*, Chance, B.*:Exercise induced improvement in muscle oxidative function in young females measured by 31phosphorus magnetic resonance spectroscopy (31P-MRS).Jpn. J. Appl. Physiol., 28(1): 1-9, 1998
Hamaoka, T., Katsumura, T., Nishio, S., Osada, T., Sako, T., Higuchi, H., Kurosawa, Y., Shimomitsu, T. Oxygen supply and utilization in exercising human skeletal muscle. The 1997 Nagano Symposium on Sports Science. Nose, H.*, Nadel ER*, Morimoto, T.* Cooper, abst, 94-101, 1998
Kimura, N., Katsumura, T., Hamaoka, T., Kurosawa, Y., Shimomitsu, T. Changes in skeletal muscle oxygenation in isometric exercise at varying intensity. The 1997 Nagano Symposium on Sports Science. Nose, H.*, Nadel ER*, Morimoto, T.* Cooper, abst 126-131, 1998
日本語論文・著作
小田切優子, 下光輝一:運動が内分泌系および気分プロフィールに及ぼす影響について 持久運動を中心として (特集:ストレスと科学).ストレス科学 13(3): 110-119, 1998
木村直人, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 下光輝一:様々な強度での等尺性運動時における持続時間と疲労因子との関連について.体力科学 47(5): 549-560, 1998
樋口博之, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 坂本歩, 村瀬訓生, 長田卓也, 下光輝一:フィールド歩行および走行における局所骨格筋の血液・酸素動態について.臨床スポーツ医学15(10): 1161-1165, 1998
黒澤裕子, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 桑森真介, 佐古隆之, 木村直人, 下光輝一:クレアチン経口投与が局所筋パフォーマンスおよび骨格筋クレアチンリン酸濃度に及ぼす影響.体力科学 47: 361-366, 1998
川合ゆかり, 勝村俊仁, 下光輝一, 高波嘉一, 丸山千寿子:長時間に及ぶ激しい運動が酸化低比重リポ蛋白(酸化LDL)生成を促進する可能性について.デサントスポーツ科学 19: 229-238, 1998
下光輝一:職業性ストレスとその評価(特集:ストレス研究最前線).心理学ワールド 1: 11-14, 1998
木目良太郎, 佐古隆之, 浜岡隆文, 勝村俊仁, 下光輝一, 白澤葉月*, 田巻弘之*, 倉田博*:等尺性持続収縮時の下腿三頭筋活動に及ぼす局所冷却および加温の効果.体力科学 47(1): 103-118, 1998
下光輝一, 小田切優子:ストレスの評価.季刊精神科診断学 9(1): 39-53, 1998
下光輝一, 坂本歩. 産業精神保健活動の実際 (3) 対策:運動とメンタルヘルス. 産業精神保健ハンドブック 2 産業精神保健の実際. 監修:加藤正明. 編:日本産業精神保健学会. (株) 中山書店, 1040-1048, 1998
下光輝一, 川久保清*, 三笠元彦*. 第2章 ライフステージ別の健康づくり 第3節 疾病予防と健康づくり. これからの健康づくり ?基礎から実践までのガイドブック?. (財)東京都健康推進財団, p115-182, 1998
下光輝一, 大谷由美子. 1.健康づくり施策概要. 温泉利用指導者養成講習会テキスト. 日本健康開発財団, 1-1?18, 1998
1997年
英語論文・著作
Higuchi, H., Iwane, H., Hamaoka, T., Shimomitsu, T., Katsumura, T., Sako, T., Osada, T., Komatsu, N., Nishio, S. Changes in intracranial oxygenation and blood volume during dynamic exercise in human. Non-invasive Optical Diagnosis -Basic Science and its Clinical Application-. Chance, B.*, Tamura, M*., Zuo, H*., Sakatani, K.* Magazine office of China-Japan friendship hospital, 13-20, 1997
Hamaoka, T., Iwane, H., Katsumura, T., Shimomitsu, T., Nishio, S., Osada, T., Sako, T., Higuchi, H., Chance, B.* The correlation between oxygenation and metabolism in ischemic muscle. Non-invasive Optical Diagnosis -Basic Science and its Clinical Application-. Chance, B.*, Tamura, M*., Zuo, H*., Sakatani, K.* Magazine office of China-Japan friendship hospital, 23-28, 1997
Sako, T., Iwane, H., Hamaoka, T., Shimomitsu, T., Katsumura, T., Higuchi, H., Kurosawa, Y. Quantitative measurement of skeletal muscle metabolism by near infrared continuous wave spectroscopy (NIRcws). Non-invasive Optical Diagnosis -Basic Science and its Clinical Application-. Chance, B.*, Tamura, M*., Zuo, H*., Sakatani, K.* Magazine office of China-Japan friendship hospital, 29-35, 1997
日本語論文・著作
下光輝一, 小田切優子, 坂本歩:職域におけるストレス研究(特集:現場における研究のすすめ).公衆衛生 61(11): 812-817, 1997
下光輝一, 小田切優子, 大谷由美子, 坂本歩, 加藤正明:労働者のストレス測定法の開発.産業精神保健 5(4): 259-265, 1997
神山昭男*, 中村賢*, 下光輝一:職場におけるストレス評価の実際.産業精神保健 5(4): 269-272, 1997
西尾進也, 勝村俊仁, 浜岡隆文, 長田卓也, 下光輝一:自転車運動時の下肢筋の酸素濃度変化の非侵襲的測定.臨床スポーツ医学 14(6): 659-663, 1997
浜岡隆文, 勝村俊仁, 下光輝一, 西尾進也, 村瀬訓生, 長田卓也, 佐古隆之, 樋口博之, 黒澤裕子:ヒト前腕筋の光学的特性についての検討.Therapeutic Research 18(7): 148-152, 1997
小田切優子, 下光輝一, 勝村俊仁, 大谷由美子, 高波嘉一:長時間持久運動後の疲労困憊とビタミンB1動態について.デサントスポーツ科学 Vol.18: 44-54, 1997