東京医科大学公衆衛生学分野

  1. Home
  2. COVID-19 パンデミック下での市民の行動や健康状態

本分野スタッフが筆頭著者となっているCOVID-19に関する論文が下記の通り受理されました。

研究結果① 感染予防行動のうち「目鼻口に触らない」の実施率が最も低い 町田 征己 日本語概要 町田 征己 日本語概要
研究結果② 予防行動に関する行動変容は男性と低所得者で少ない 町田 征己 日本語概要 町田 征己 日本語概要
研究結果③ COVID-19アウトブレイク下において風邪症状のある労働者の多くが十分に自主隔離できていない 町田 征己 日本語概要 町田 征己 日本語概要
研究結果④ COVID-19 パンデミック下においても マスクを正しく使用している者は少ない
∼マスクマネジメントに関するさらなる啓発が求められている∼
町田 征己 日本語概要 町田 征己 日本語概要
研究結果⑤新型コロナウイルスの流行下で一般市民のメンタルヘルスは悪化した
∼悪化したのは特に低所得者、呼吸器疾患を抱える者だった∼
菊池宏幸 日本語概要 菊池宏幸 日本語概要
研究結果⑥日常生活での手洗い回数は1日10回では不十分 町田征己 日本語概要 町田征己 日本語概要
研究結果⑦低所得者のメンタルヘルスは感染者が減少してもすぐには改善しない 菊池宏幸 日本語概要 菊池宏幸 日本語概要
研究結果⑧新型コロナワクチン予防接種の普及にはワクチンは効果があるという認識や自分が 予防接種を受けることで他者も守るという思いが重要 町田征己 日本語概要
研究結果⑨COVID-19流行下の在宅勤務者で職場勤務者よりも仕事中の座位時間が1時間以上長い 福島教照 日本語概要
研究結果⑩新型コロナウイルス感染症の流行下、『医療機関での感染恐怖』の払拭が治療中断や病状悪化予防に重要な可能性 小田切優子
高窪 毅
日本語概要